あなたが運営している大切なWordpreesの

”表示速度が遅い”と感じることはないですか?

 

そして、少し知識がある方は、SEO的に

グーグルから低評価を受けるのでは?

と不安に思っているのではないでしょうか。。

 

もし、WordPressの表示速度が遅い!

と感じるのであれば・・・

今回の記事は絶対に読んでいただきたいし、

緊急での対策が必要となるかもしれません。

 

ご存知かもしれませんが、

ページ表示速度が遅いとSEO的にも不利

なってしまう可能性があります。

 

神様Googleが2018年7月よりページ

の読み込み速度をモバイル検索のランキング

要素として使用すると発表しました。

 

これがいわゆる「Speed Update」です。

 

今やユーザのほとんどはスマートフォン

(モバイル)から検索しています。

 

SEOライターHIROSEOライターHIRO

もし、このSpeed UpdateでSEO順位が下がれば、今まで作ってきたコンテンツが、なかなかユーザーの目に止まりにくくなるわけです。

悩む男悩む男

それってWordpreesを使って集客を行う上で、かなりダメージが大きくないですか?

SEOライターHIROSEOライターHIRO

その通りなんです!そのためには対策が必要なのですが、今回、Wordpressのページ表示速度が遅いと感じたときにできる対策を7つをご紹介いたします。それでは、一緒にWordpressのページ表示速度を改善していきましょう!

まずはあなたのWordpressの気になっているページの表示速度をチェックしよう!

ブログで悩む人ブログで悩む人

自分のWordpressのあのページ・・・表示速度って何秒くらいなんだろう・・・

 

そんなときこそ、『PageSpeed Insights

というサイトで自分のブログの表示速度を

チェックすることができます!

 

『PageSpeed Insights』で自分のWordpressサイトの表示速度を確認する

PageSpeed Insights

 

URLを入れて分析を押すだけで、

自分のWordpressのページの

  • モバイル
  • パソコン

での表示速度を分析してくれます。

 

結果はざっとこんな感じ↓↓

 

スコアは下記の3種類に分類され、

  • Good:80〜
  • Medium:60〜79
  • Low:0〜59

まずは良いとされる

スコア”80点以上”を目指しましょう!

 

優先順位は「モバイル>パソコン」なので、

モバイルを意識しましょうね。

 

表示速度の判定が終わったら、

続きをお読み下さい。

 

可能であれば原因を探し、仮説を立てる

 

PageSpeed Insights』を使えば、

なんと表示が遅い原因を探ることができます。

 

下図の、

最適化についての提案」という項目で、

ページの表示速度を上げるための提案

をしてくれるので本当に便利なんです。

『PageSpeed Insights』でページ表示速度低下の原因を探す

 

例えば「画像を最適化する」の部分で、

どの画像がどれだけの影響を及ぼしているかを

具体的な数値で見れる優れもの。

  • 画像サイズが大きいから?
  • CSSが縮小されていないから?

 

などと仮説を立てれれば、あなたのWordpressで

ページ表示速度が遅いのを改善するときに

スムーズに作業をすることが可能です。

 

仮説というより、もはや対策まで、

教えてくれていますが!笑

 

WordPressのページ表示速度が遅い時の改善案①画像圧縮

あなたのWordPressのページ表示速度を

遅い→速いに改善する一番の方法とは?

 

私が利用している画像圧縮サービス

下記の2つがあります!

  • TinyPNG
  • Bulk Resize Photos

 

TinyPNGでは、最大20枚・50MBまでの

画像を一度に圧縮してくれます。

TinyPNG

TinyPNGで画像を圧縮する

 

また、「Bulk Resize Photos」では、

画像のサイズを変えることが可能です。

Bulk Resize Photos

Bulk Resize Photosを見る

 

WordPressに画像をアップロードする前に、

一手間加えれば、ぎゅっと画像が軽くなりますよ^^

 

に、Wordpressのプラグイン

EWWW Image Optimizer』を使うと、

WordPressにアップロードされた後の画像も

圧縮することができます。

EWWW Image Optimizer

「既にWordpressに大量の重い画像があるよ…」

という方は、このプラグインを活用してページ

の表示速度を遅い→速いに改善して下さいね。

 

WordPressのページ表示速度が遅い時の改善案②画像を後で読み込む

イライラブロガーイライラブロガー

私のWordpressのページの読み込みが遅い・・・スクロールしても画像だけ表示が遅い、、、

他人のブログの記事を読んでいても、

このような悩みってあると思います。

 

例えば、写真いっぱいの1万文字級のページを

上から下まで一気に読み込むと、ページ表示

速度が遅いは容易に想像できますよね?

 

そんなときにWordpressプラグイン

Lazy Load』を使うと、画像が表示される

直前で読み込まれるようになります。

Lazy Load

 

インストールし有効化したら、編集画面の

lazy-load/js/lazy-load.js」で下記の

ような変更を行ってください。

『Lazy Load』の設定

 

デフォルトでは画像の200px前に読み込むこと

になっていますが、400に変更することで多少

早くスクロールをしてもスムーズに画像が

読み込まれるようになります。

 

表示速度が遅く、写真の読み込みも遅い場合

WordPressプラグイン『Lazy Load』を使い、

ページ表示速度の遅さを改善しましょう。

 

同改善案③HTML,CSS圧縮

HTMLやCSSが原因で、なぜWordPressの

ページ表示速度が遅くなるのかというと、

  • 改行
  • スペース

が無駄になっているからなのです。

 

そこで、「Refresh-SF」では、

  • HTML
  • css
  • avaScript

を圧縮できるのですが、こいつは、

無駄な改行やスペースをなくしてくれます。

コード圧縮

圧縮したいCSSコードを入力し、

右上のCSSボタンをクリックすると…

 

コード圧縮

これだけでも,

134バイト→93バイトへ圧縮できました。

 

まさにデーターの節約ですが、

WordPressのページ表示速度の

改善がそこそこ見込めるわけです。

 

しかし、CSSなどをいじる必要があるので

根気のいる作業となります。

 

他の改善案を試してみても、ページ表示

速度が遅いままの時は、試してみてくださいね。

Refresh-SFを見てみる

 

同改善案④キャッシュ処理

SEOライターHIROSEOライターHIRO

キャッシュとは、現金のキャッシュ(cash)の方ではなく、貯蔵庫の「cache」で、データーの記憶装置みたいなもの。よくある前のデーターが残るわけですが、実際は、高速化に役立っているんです。

このキャッシュ処理をしていないと、

1度ページアクセスした人が、例えば、

1時間後に訪問した時に・・・

また1から読み込みをするはめになります。

 

そんな時に、”キャッシュ残っているわ~”

とか言いませんか?笑

 

でも、キャッシュの処理を行うことで、

一定期間の再訪問の際、前に表示した

ページをそのまま表示させるようになるため

いちいち読み込む時間もなくなり、ページの

表示速度はかなり速くなると言われています。

 

キャッシュ処理を行うには、下記のコードを

.htaccess」に記述してください。

ExpiresActive On
ExpiresDefault "access plus 1 days"
ExpiresByType text/html "access plus 1 seconds"
ExpiresByType text/css "access plus 1 weeks"
ExpiresByType text/javascript "access plus 1 weeks"
ExpiresByType image/gif "access plus 1 weeks"
ExpiresByType image/jpg "access plus 1 weeks"
ExpiresByType image/jpeg "access plus 1 weeks"
ExpiresByType image/png "access plus 1 weeks"

 

また、お使いのレンタルサーバーが

エックスサーバー」の場合は、

サーバーパネルで設定が可能です。

.htaccess編集

また、キャッシュ処理ができる

WordPressプラグインもあります。

 

使いやすくておすすめなのが

WP Fastest Cache』。

 

ただし、キャッシュ処理系のプラグインは

使ってるWordpressテーマ・サーバーに

よってはエラーになる可能性があります。

 

まずは、テスト環境で確認してから本番の

WordPressサイトに導入することを強く

おすすめします。

 

一番安全なのは.htaccessに記述すること。

プラグイン使いまくるとそれだけで、

WordPressのサーバーに負担になるので、

ページの表示速度が遅くなる原因になります。

くれぐれもお気をつけください。

 

⑤JavaScriptを後で読み込む

次におすすめするのは、

ヘッダーに記述されているJavaScriptを

フッターで読み込むようにする方法です。

 

<head>

<script src=”http://~~~/~~.js”></script>

</head>

とあったものを、

fotterのbody終了タグ直前に移動させます。

<body>

<script src=”http://~~~/~~.js”></script>

</body>

 

ひとまずページの表示に必要なHTML,CSSを

先に読み込ませた最後に、JavaScriptを読み

込むように設定することで、遅いページ表示

速度が改善されます。

 

簡単に、頭が重いとダメってことですね!

 

SEOライターHIROSEOライターHIRO

ただし、スクロールしないとコンテンツを読み込めないようなJavaScriptを書いている場合は、headerで読み込むようにしてください。

⑥重いプラグインを削除する

”困った時はなんでもプラグインで解決!”

あなたはこっそりそんなことを考えて

楽しようとしていませんか?

 

しかし、プラグインを沢山使えば使うほど

重くなってしまって、あなたのWordpressの

ページ表示速度が遅い状態に陥る事があります。

 

そこで、目には目をでないですが・・・

WordPressプラグインである

P3 (Plugin Performance Profiler)

を使うと、ページ表示速度が遅い原因と

なっているプラグインを発見できます。笑

P3 (Plugin Performance Profiler)

 

というか・・・

まずこいつを使ってみてもよいかもですね!

 

Worpressでページ速度が遅い原因になる

プラグインは、以下のトリオです。

  • All in One Seo Pack
  • Jetpack
  • WordPress Popular Posts

 

もし不要であれば、

停止してしまっても良いですし、

SEOライターHIROSEOライターHIRO

Jetpack以外はなくても良いかな~とか思います(ぼそっ)

また、画像圧縮に役立つとご紹介した

『EWWW Image Optimizer』もやや重いので

使うとき以外は停止するようにしましょうね。

 

⑦表示スピードが遅い原因は意外にサーバーにある!サーバーの設定を見直すやり方

 

あなたが大切に育てているWordpressの

レンタルサーバーって・・・

PHPバージョンを切り替えることで、

ページ表示速度の遅さを改善できます。

 

エックスサーバーの場合、サーバーパネルから

PHP Ver.切替」で設定できます。

PHPバージョンを切り替える

対象ドメインを選択すると、

現在のバージョンが確認できます。

 

PHPバージョンを切り替える

古いバージョンのままでしたので、

推奨されていた”PHP7.1.4”に切り替えれば、

ページの表示速度が改善されることがあります。

 

実際にこれをサボるとバグも発生するので・・・

普通に気づくと思います。

 

安さが売りのレンタルサーバーよりも、

エックスサーバー”や”mixhost”が

マルチドメインにしても軽いと有名なので、

これを機に、自分のレンタルサーバーを

見直してみてもよいでしょう。

 

ちなみに、私は、Xサーバーやさくらサーバー、

ip分散サーバー等色々使っていますが、

エックスサーバーはかなり優れていますね!

 

おわりに

 

あなたが大事に育てている

WordPressのページ表示速度が遅い!

「このままではSEOに悪い影響がある」

と感じたときに直ぐにできる7つの対策

ご紹介してきました。

  1. 画像圧縮
  2. 画像を後で読み込む
  3. HTML,CSS圧縮
  4. キャッシュ処理
  5. JavaScriptを後で読み込む
  6. 重いプラグインを削除する
  7. サーバーの設定を見直す

他にもAMPとかありますが、

初心者ではまともにできないでしょう。

 

とにかく初心者のあなたが専門家に相談

する前にやるべきことは・・・

不要なものを圧縮・削除したり、

余計なツールを導入しないことです。

 

WordPressは便利なプラグインで溢れている

反面、頼りすぎるとページ表示速度が遅く

なってしまうし、セキュリティ面でも脆弱です。

 

また、ページ表示速度が遅くなると

スピードアップデート」が本格的に来た時に

SEO順位が下がってしまう可能性も……。

 

今から対策をして、ページ表示速度の速い

WordPressサイトを構築しておきましょう!

 

SEOライターHIROSEOライターHIRO

SEOのためと思ってやっていることが逆効果にならないようWordpreesについてしっかり学んでゆきましょう!メルマガではさらに役に立つ情報をお伝えしているので、良かったら登録してみてください。