ブログ集客コンサルタントで、

BMサポート代表のひろぽんです。

 

あなたが書いたブログを読者が・・・

  • どこを見ているのか?
  • どこをクリックしているのか?
  • どの分を熟読しているのか?

気になったことはありませんか?

 

目立つ写真も使ったし、

なんとなく読まれている気がする~

とか感覚的なことを言っていてはいつに

なってワードプレスで集客はできないです笑

 

今回は、そこで、読者がどこを見ているか?

を平均的にチェックすることができ、

WordPressでも使えるヒートマップの無料

ツール、User Heatについてご紹介します。

 

ひろぽんひろぽん

ブログ集客は、感覚的なことをいかに数値化するか?可視化するか?が大切です。この記事を読んでぜひあなたもヒートマップを使ってみてくださいね。

 

WordPressでも使える、ヒートマップのツール、User Heatとは何か?

User Heatとは、株式会社ユーザーロカール

提供する、ヒートマップです。

 

あなたは、User Heatなどの

ヒートマップを使うことで・・・

  • 読者のマウスの動きからわかる感情図
  • 読者が注目して見ている所
  • 実際にクリックしたところ
  • 離脱してしまった箇所

などがはっきると分かってくると思います。

 

また、Wordpressだけでなく、コレSNSでも

使えるので、SNSマーケティングするる人

にも、非常におススメなツールです。

 

下図のように、SNSインサイトですが、

至れり尽くせるの機能がついています。

 

特に・・・

”どんな投稿がバズったのか?”

 

これが分かれば、

バイラルマーケティングにも応用できるし、

どんな投稿をするべきか?一発でわかるのが、

美味しいですね!

 

WordPressの場合は、コンテンツの

作り込みが、重要であることから・・

 

どこが読まれてどこが無視されて、

クリックされて、離脱されて・・・

 

これだけ分かっていれば、

コンテンツSEOの編集や改善

大いに役立たせることができます^^

 

使えると思うので、まずは、無料登録を

して、設定をしましょう!

 

まずは、Wordpressの、ブログ集客に役立つであろうUser Heatに無料登録をしてみよう!

 

無料で使えるヒートマップ、

User Heatを使う条件は・・・

 

WordPressを既に持っていて、

アクセスがある程度あることが条件です。

 

ひろぽんひろぽん

それでは早速設定方法を説明します。

 

まずは、Wordpressにログインした後、

プラグイン→新規追加を選択。

 

キーワードに、user heatと張り付けて

検索すると、図のプラグインが出てきます。

 

インストールしたら有効化を選択。

 

その後、左側の管理画面にUser Heat

出現しますので、選択してください。

 

導入手順4ステップ表示されるので、

User Heat登録画面はこちらをクリック。

 

検索窓にあなたが解析したい、

URLを張り付けましょう。上図のように、

月間30万PVまでなら無料で使えるので、

お得感が半端ないですよね。笑

 

必要事項を記入してください。

特に注意点はないので、自分で後から

みても分かりやすい内容がよいです。

 

登録後、あなたのメールboxに、

一通の自動返信文が届きますので、

メールアドレスの認証を完了させてください。

 

普通にログインしてください。

いきなりパスワードを忘れることが

ありませんように。

 

中央の、解析タグの設置方法

選択してください。

 

すると、下段に、サイトIDが出現

しますので、こちらをコピーしましょう。

 

スクリプトの説明書きはなく、

サポートしていないと書かれてありますが、

ここは無視して大丈夫です。

 

先程の、Wordpressのページに

IDを貼り付け、登録を選択。

 

「サイトIDが登録しました。」

一文でればuser heatの設定は完了です。

 

解析結果を見る等のボタンがでますが、

アクセスが集まるまでまだ見れないです。

 

以上は、ワードプレスで無料に使える

”ヒートマップ、User Heat”の、

無料登録と設定方法でした。

 

実際に、ヒートマップのuser heatを使ってみた結果どうだったか?感想

 

WordPressの集客で使えるヒートマップの、

User Heatを別サイトで使ってみたのですが、

よかった点と悪かった点がありましたので、

感想として述べさせていただきます。

 

よかった点は、読者の感情図がある程度読み取れたこと

熟読エリアは、上図のような感じに、

色付きではっきりくっきりわかりました。

 

主にわかったことをまとめると、

以下のとおりです。

  • 読者はメリットのある部分やウォンツの情報に絞ってみている
  • 必要のない情報は飛ばし読みをしている
  • サイドバナーが目立つとそこに注視してしまう
  • 目次があると、ジャンプされてしまい滞在時間が下がる
  • 目立つヘッダーバナーを設置してもあまりクリックされていない

 

ブログ集客目的で、オウンドメディアを

構築していく上で・・・

”読者が観ないところ=今後の改善点”

になると思った次第です。

 

観られないと滞在時間が下がるため、

画像や一行目を工夫したり、

読者の利益になる情報をさらに使ったり、

目立たせないとな~とか凄く思いました。

 

専門的に言うと、まず、最初に、

”右脳に訴えかけること”その次に、

”文章を読ませて左脳で理解させる”

これが非常に大事ですよね。

 

悪かった所は、無料なので、途中までしかヒートマップが見れないこと!

 

WordPressを使った集客をしていく上で、

ブログの最下段にあるCTA(行動喚起)

の部分は、とても重要なのですが・・・

 

無料版でそのヒートマップが

見れなかったのは残念でした。

 

図のように、

ヒートマップが途中で切れてしまう?

という表示が出ています。笑

 

そうなってくると私が知る中で、

”他のツールを無料で使い倒して
データーを取った方がよいかな~”

と思ってしまいましたね(^-^;

 

user heatは、もう少し自社のプロダクトを

押し出して、価格戦略をしていかないと、

情報を持っている人は、あまり使わないと、

正直思ってしまいました。

 

ただ、あなたが知る企業が結構使っています。

 

課金に誘導するペッドメディアもなく、

直接お問い合わせをしないといけないのも、

個人には少し面倒かな~と思いました、、、

 

まとめ

 

ここまでWordpressでも使える、

ヒートマップの、User Heatについて、

登録方法から使ってみた感想

述べてきましたが、結論として・・・

 

User Heatを通じて、

ヒートマップってどんなものか?

ちょっと興味がある~!

と思っている方には、

導入として、おススメしたいです。

 

ただ、本格的に読者の感情図を手に取る

ように知りたければ、他にもツールは

あるので、ココで安易に有料プランに

切り替えない方がよいと思いました^ ^

(観た所、使える機能は、抜群のようですが)

 

ひろぽんひろぽん

WordPressの集客で役に立つ無料ヒートマップはいかがでしたか?集客にお悩みであれば、ヒートマップ自体はかなり使えると思うので、早めに使ってみるようにしましょう。