Webコンテンツを作る際、必要になってくる

「SEO対策」

 

このSEO対策では、Googleの検索結果で

上位表示されるようなテクニックを

利用している人が多いでしょう。

 

タイトルや本文にキーワードを盛り込んだり

内部リンクを挿入したりといった対策は

確かに有効だといえます。

 

それらによってGoogleの検索上位になる

可能性があるからです。

 

しかしGoogleはSEO対策のアルゴリズムを

開示していません。

 

頻繁にアルゴリズムの更新もされているため

対策ばかりを追うのはあまり意味がない

といえます。

 

では「SEO対策」について

どう考えるべきでしょうか?

 

本記事では、SEO対策の基本となる

Googleが掲げる10の事実

について解説します。

 

HIROHIRO

Googleが掲げる10の事実を理解したあとの具体的な対策も紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

mail-sp

Googleが掲げる10の事実とは具体的にどういうものか?

Googleは会社設立から数年後に

「10の事実」を決議しました。

 

「10の事実」とは、

Googleの企業理念のようなものです。

 

Googleは、この「10の事実」を

常に念頭に置きながらユーザーの利便性を

追及しています。

 

したがって、Googleが提供するサービスの

全てが「10の事実」に基づき運営されて

いるのです。

 

ここでは、Googleが掲げる10の事実を

紹介します。

 

10の事実を理解することで、

「ユーザーの利便性」を第一に考えた

SEO対策ができるでしょう。

 

1. ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる。

Googleが創業以来最も重要視してきた

ユーザーの利便性」。

 

Googleのユーザーの利便性を考えて、

無駄なものはすべて排除し、

使いやすさを最優先にしています。

 

そのようにしてユーザーを第一に考えた結果

検索順位が上がったりサイトへの来訪者が

増えたりするのです。

 

さらに、ファンが増えてしっかり

ブランディングできる可能性も出てきます。

 

ユーザーの満足度が高いツールやコンテンツ

を開発・製作することがSEOの本質であり

最強の対策であるといえるでしょう。

 

2. 1つのことをとことん極めてうまくやるのが一番。

SEO対策では、「1コンテンツ1キーワード

とよくいわれます。

 

1キーワードにすることでテーマが際立ち

Googleが求めている「ユーザー満足度の向上」

につながります。

 

ターゲットを絞り込んで、伝えたい人に

的確に情報を伝えることが一番なのです。

 

1つのコンテンツに複数の情報が詰め込まれ

ターゲットが不明瞭になっているサイトに

関して、Googleは情報伝達の効率が悪いと

考えています。

 

サイトを訪れる人の検索意図をしっかり

くみ取り、キーワードがブレないよう

コンテンツを作らなければなりません。

 

  • 専門性
  • 権威性
  • 信頼性

 

これら3つの概念を盛り込み、

ユーザーが検索結果に満足することだけに

焦点を置いてコンテンツを作ることが

SEO対策にもなるのです。

 

3. 遅いより速いほうがいい。

ウェブサイトをクリックした時、瞬時に

ページが表示される方がいいですよね。

 

表示速度が遅いページは離脱につながります

 

ユーザーのことを常に考えているGoogleは

表示速度が遅いページに対して良い評価を

しません。

 

画像の軽量化などを行い、サイト表示を

早くする方法を適用しましょう。

 

また、ユーザーがウェブサイトに滞在する

時間は必ずしも長い方がいいとは限りません。

 

目的もなく滞在時間が長いページより、

ユーザーが必要とする情報に素早く

たどり着けるページの方評価が高い

いえます。

 

ユーザーにストレスを与えないサイトが

SEO対策にも有利になる可能性があるのです。

 

4. ウェブ上の民主主義は機能する。

Googleはどのサイトが良いサイトなのかを

  • 被リンク
  • 参照サイト

の数で評価しています。

 

「リンク」を「投票」に例える事で、

他サイトから評価されているサイトを分析し

「投票数」が多いサイトは重要度が高い

と判断しているのです。

 

ただし、大量の被リンクによって不正に

検索上位を独占するブラックハットSEOは

ペナルティの対象となりますので注意

しましょう。

 

あくまでも良質なコンテンツを評価され、

「投票」してもらってこその民主主義。

 

ユーザーの利便性を重視したサイト作成で

誰からも高評価されることを目指しましょう。

 

5. 情報を探したくなるのはパソコンの前にいるときだけではない。

Googleはスマートフォンでの閲覧に適した

サイトを評価要素の一つとして

取り入れています。

 

現在は、スマートフォンでネット検索を

する人が多いため、パソコンだけでなく

モバイルにも対応する

「レスポンシブデザイン」が必須です。

 

「レスポンシブデザイン」は、ユーザーが

持っているデバイスに応じて表示を変える事

ですから、いつでもどこでもユーザーが

見やすいページを提供できるよう

意識しましょう。

 

6. 悪事を働かなくてもお金は稼げる。

Googleは広告配信事業によって

利益を得ている営利企業です。

 

ただしユーザーにとって無意味な広告は

認めていないため、Googleさえ儲かればいい

という考えではありません。

 

Web記事を読んでいて不必要に広告が

出てくると読みにくいですし、そのページを

閉じてしまうことがありませんか?

 

Googleは、閲覧者に関連のある広告のみが

役立つと考えており、広告主には

ターゲット広告の利用を推奨し、

効率的な広告配信を求めています。

 

健全な方法でサイトを運営し、派手な広告で

ユーザーを釣るようなことをしなければ

自然と収益を得られるのです。

 

7. 世の中にはまだまだ情報があふれている。

Googleは検索して得られる情報を

ほとんどインデックスし、把握しています。

 

その検索機能はとても高性能なため、

検索すればユーザーが知りたい情報が

ほとんど出てくるはずです。

 

しかし、Googleのエンジニアたちは

現状に満足することなくさらなる高みを

目指しています。

 

世界中の情報は常にアップデートされており

最新情報をユーザーに的確に伝えることが

Googleの使命だと考えるからです。

 

人々の悩みが尽きない限り、今後も

Googleの検索機能は進化し続けるでしょう。

 

8. 情報のニーズはすべての国境を越える。

Googleの目標は、さまざまな言語で

世界中の人に情報を提供することです。

 

Googleの本拠地はアメリカですが、

英語をはじめとして現在は130を超える

言語で検索機能が利用できます。

 

日本語で日本国内向けに作成された

コンテンツであっても、必ずしも

日本人だけが見ているとは限りません。

 

海外からでも、インターネット上の

翻訳機能などを利用して閲覧可能なのです。

 

このようにGoogleはサービスの多様性を

追求し、様々な国や地域に貢献しています。

 

将来的には、SEO対策において

自動翻訳機能を標準装備する時代が

来るかもしれません。

 

そうすることで多言語に対応できるように

なるため、よりGoogleの目標にも

近づけるでしょう。

 

9. スーツがなくても真剣に仕事はできる。

Googleは、「会社はこうあるべき」という

ような固定観念を根底から覆す社風です。

 

例えば毎朝決まった時間にスーツで出社し

パソコンの前でデスクワークをこなす

といった職場環境ではありません。

 

自由な服装で出社し、社内で音楽レッスンや

マッサージを受けることも可能なのです。

 

また、社内の新しいチームやプロジェクトに

参加したり別の部署に異動したりといった

柔軟性があり、社外の別プロジェクトに

参加することもできます。

 

Googleは社員一人一人のバックグラウンドを

尊重し、認めたうえで「最高の職場」

となるよう努めています。

 

Googleが持つ「仕事・遊び・人生」に対する

柔軟性が、社員のモチベーションを高め

独創的なアイデアが生まれるのでしょう。

 

10. 「すばらしい」では足りない。

Googleは、常にアルゴリズムのアップデート

を繰り返し、サービスを向上し続けています。

 

アップデートを繰り返す理由は

「すばらしい」では足りないからです。

 

恐らく一時的に改良をやめても

Google chromeはユーザーから継続的に

利用される検索エンジンになるでしょう。

 

Googleの検索機能は世界一を誇る性能ですが

現状に満足することなく日々改良を重ね

常に新しいスタンダードを目指しています

 

新しいスタンダードを見つけるには、

試行錯誤しながらユーザーの潜在ニーズを

探っていくことです。

 

HIROHIRO

新しい目標を設定して実践することは、同時にユーザーの満足度を上げることにもつながるのです。

 Googleが掲げる10の事実はSEO記事で意識する必要がある

10の事実とは?

Webコンテンツを制作をするにあたり、

必ず意識しなければならないのが

「SEO対策」

 

検索結果で上位表示させるために

誰もが対策しているはずです。

 

ではSEOで具体的にどのような対策をすれば

上位表示されるかご存じでしょうか。

 

  • タイトルや見出し、本文にキーワードを入れたり
  • 被リンク数を増やしたり

 

インターネットで検索すると、

これらのテクニックをまとめた記事が

上位に出てきます。

 

どれもSEO対策としては間違っていませんが

本記事でお伝えした

「Googleが掲げる10の事実」を根底に置いて

SEOを意識する必要があるでしょう。

 

HIROHIRO

特に「1. ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる。」にあるように、ユーザー目線でのコンテンツ作成が非常に重要です。

Googleが掲げる10の事実を受けての具体的な5つの対策

10の事実とは?

では、Googleが掲げる10の事実を受けて

どのような対策が必要なのでしょうか。

 

ここでは、具体的な対策を5つご紹介します。

 

検索者ファーストの記事

検索者ファーストの記事は、検索者の

意図に沿った内容であることが必須です。

 

読者が

  • なぜそのキーワードを検索したのか
  • 検索後にどのような行動がしたいのか

を深掘りして考えなければなりません。

 

検索キーワードは「Googleサジェスト

を使い、関連するキーワードを把握して

ユーザーの検索意図を読み取ることも

必要でしょう。

 

Googleサジェストには

  • 多くの人が検索したキーワード
  • 検索者自身の個人的な検索結果

なども含めて表示される仕組みです。

 

検索結果にユーザーが必要と思われる情報が

効率的に出てくる仕組みは、

Googleが「検索者ファースト」を重視

しているからこそ作られたものだと言えます。

 

Webコンテンツはインデックスされること

(ページが検索エンジンのデータベースに

分類・記録されること)を頭に置いて

作成することで、必然的に検索者の望む記事に

なるでしょう。

 

以下のツイートにあるように、

「自分が受け取り手側」になった時に

どういう情報を受け取りたいかを

考えるクセをつけることが大切です。

 

引用元:Twitter

 

フレッシュな情報に常に更新

世の中の情報は常に更新されていきます。

 

それに合わせてWeb上の記事も

アップデートしていかなければなりません。

 

古い情報を載せたままいつまでも

更新されないサイトはGoogleからも評価されず

ユーザーの満足度も上がらないでしょう。

 

更新の頻度を高めてユーザーに最新の情報を

提供することは、サイトの信頼度を上げる事

にもつながります。

 

そうすることでサイト訪問者の増加も

見込めるはずです。

 

また、フレッシュな情報を知りたいユーザーは

関連する他の新しい情報も知りたがる可能性

高く、そのサイトの回遊率が上がることも

期待できます。

 

常にフレッシュな情報を更新して

ユーザーに届けるために、運営をしっかり

管理していきましょう。

引用元:Twitter

「情報は時間経過で陳腐化する」という

ツイートのとおり、既にWeb上に公開した

記事を定期的に見直すことをおすすめします。

 

根拠のある内容で一次情報を提示できる

Web上で情報発信する際は、その情報が

根拠のある一次情報であることが理想です。

 

一次情報とは、

  • 実際に自分が体験して得た情報
  • 独自に調査して得た情報

などのことを指します。

 

読み手にきちんとエビデンス(証拠・根拠)を

開示し、裏付けされた一次情報である事

明確にしてください。

 

そのような根拠のある一次情報を提示する事は

唯一無二の記事を書くということであり、

他の記事との差別化が可能です。

 

書き手の体験談や実際に調査して得た情報は

ユーザーにとって役立つものになるでしょう。

 

一つ例を挙げると、

とある地域に特化したブログがあるとします。

 

その地域のグルメや観光スポットを

紹介していく中で、書き手が

  • 実際にさまざまな場所に出向いて取材する
  • インターネット上で拾った情報を書く

では読み手への伝わり方が違うはずです。

 

その場所ごとのオリジナル写真などがあれば

さらにオリジナル度が増します。

 

自分しか知り得ない情報を一次情報として

加えることで、ユーザー目線に立った

価値のある情報を提供できるでしょう。

 

それにより、

Googleからも評価されるはずです。

 

引用元:Twitter

Web上のコンテンツにおいて、自分で取りに

行った情報がいかに大切かが上記のツイート

から感じ取れますね。

 

検索者のニーズにちゃんと答えている

検索意図をきちんと把握して、検索者の

ニーズに沿ったWebコンテンツを作る事は、

SEOにおいて最も重要なことです。

 

検索者がなぜそのキーワードで検索するのか

理由や背景を考えてユーザーのニーズに

合ったコンテンツを提供しなければ

なりません。

 

それがSEOにおいて重要なことであり、

検索意図を満たすことがGoogleの目指す方向

だからです。

 

検索者のニーズに答えていないコンテンツは

検索意図からズレた内容になりがちであり

ユーザーの離脱につながります。

 

検索者が何を知りたいのかを

正確に把握するために、

リサーチ作業を怠らないようにしましょう。

 

検索者のニーズ(検索意図)を把握する方法

としては、

  • Googleの検索窓で実際に対策したいキーワードを検索する
  • Q&Aサイト(Yahoo!知恵袋など)でキーワードに関連する質問をチェックする

などがあります。

 

いろいろなツールを使って

「検索者のニーズに答える」という本質を

常に意識してコンテンツ作成を行って下さい。

 

以下のツイートにあるように、

検索ニーズに120%答えることが必要です。

引用元:Twitter

読者に寄り添ったWebコンテンツは、

1文1文が価値のある内容になるでしょう。

 

不要な情報を削除する

  • 作成したWebコンテンツが上位表示されない
  • もはやインデックスすらされていない

という場合、そのページは

  • 低品質
  • 不要な情報が含まれている

という可能性があります。

 

ではそのようなページは

削除すべきでしょうか?

または内容を改善すべきでしょうか?

 

結論、まずは対象のページを見直し、

不要な情報を削除してユーザーが必要とする

情報だけにしぼりましょう。

 

ユーザーは検索キーワードの答えを

いち早く知りたがります。

 

訪れたページに無駄な情報が詰め込まれて

いると、離脱の原因になるので注意

してください。

 

ちなみに、

  • ユーザーの検索意図からかけ離れている
  • 情報が古すぎる

など読み手の役に立たない内容だと

判断したらページを削除して新たな

コンテンツを作るのも選択肢の一つです。

 

以下のツイートでも、記事を公開した後の

メンテナンスが大事だということが

発信されています。

引用元:Twitter

 

まとめ

「Googleが掲げる10の事実」と

具体的な5つの対策について解説しました。

 

Googleが常に念頭に置いている

「ユーザーの利便性」を意識して、

Webコンテンツを作っていきましょう。

 

ユーザーの目線に立てば自ずとSEO対策とは

どういうものかが見えてくるはずです。

 

ただ、Googleが掲げる10の事実を踏まえた

上で、本記事でご紹介した対策を実践しても

一朝一夕では結果が出ないこともあります。

 

もし

  • SEO対策をプロに任せたい
  • 本当にこの対策方法で合っているのか?

などお悩みの方は、その道のプロに

相談してみるのも一つのアイデアです。

 

SUKETはSEO対策やWeb上の

集客のコンサルティングをしています。

 

無料相談できますのでお気軽に

お問合せしてみてください。

 

すぐに相談する!

 

HIROHIRO

「Googleが掲げる10の事実」で一番大切な「ユーザーの利便性」を第一に考えたWebコンテンツを作っていきましょう。

 
*1回90分25,000円コンサル→完全無料* ☞3億稼いだweb集客コンサルタントに無料相談できる!
 

【完全無料】今すぐSEO対策の相談をしたい方はLINEで!


今すぐお申し込みをする!
 

【10大特典】仕事収入保証型のwebライティング講座が無料

suket-banner

SUKETお勧めのwebツール3点

  1. emanon
emanon

web集客に特化した「売れる仕組み」がお手軽に作れるwordpressテーマ。

  1. Dangan
dangan

ボタン操作で誰でもカンタンにLP制作可能。多機能かつデザイン面も◉。

  1. SEO
cyfons

SEMrushかAfrefsどちらがおすすめか?2つのツールを使ったから筆者の体験談

プロモ型web集客のご相談はお気軽にどうぞ!

suket-ban

SUKETの集客の特徴はSEOに強いブログを軸に、濃い見込み客を安定的に集めて、LINEステップやZoomセミナーで販売することです。

そしてその仕組みは、一度作ってしまえば、半永久的に売上を上げ続けることが可能です。もし、貴社でWEB集客の仕組みを一から構築されたいということでしたら、お気軽に無料でご相談ください。

今すぐお申し込みをする!