ブログで記事を作成する際、ただ文章羅列する

のではなく、改行を適度に入れる

必要があります。

 

改行をしないと、読みづらい文章に

なってしまいます……。

 

「ブログで改行するにはどうしたらいい?」

「ブログでおすすめの改行方法を知りたい!」

 

今回は、

ブログを作成したいと思っている人のために、

適切な改行方法を紹介しますね♪

 

段落と改行の違いについても紹介するので、

ブログを読みやすいものにするためにも、

改行を積極的におこないましょう!

 

HIROHIRO

記事を読むユーザーのほとんどはスマートフォンで閲覧しています!スマートフォン用に改行をすれば、ユーザビリティも上がります!

 

【よくわかる解説】

  • 改行をするタイミングはサイトによって異なる
  • 改行をしないと読みづらくなる
  • 改行のし過ぎも読みづらくなるだけ

ブログで改行は重要?

ブログでは、適度に改行をしたほうが

よいです!

 

これが、ライティング案件なら、

クライアントのレギュレーションに従うだけで

よいですが、ブログの場合はあなたのルールを

設定できます。

 

適切な改行をすれば、ブログが

読みやすくなります。

 

むしろ、改行を一切しないブログは、

とにかく読みづらくストレスがたまります。

 

具体例を挙げると、以下のとおり。

 

サイトで上位表示をさせるためには、SEOが重要です。しかし、SEOにもさまざまな対策がありすべてを網羅するには時間がかかります。そのため、今のうちからできる対策をして、サイトや記事に反映させましょう。

 

ニュース系の記事なら、改行や段落は

そこまで頻繁に使いません。

 

しかし、ブログはあくまでもSEOを

意識するもの。

 

適切な改行をしないと、ユーザビリティ

が低下します……。

 

これを避けるためにも、適切な改行を

入れて最適化しましょう!

 

ブログで改行するべきタイミングを2つ紹介!

ブログで改行をする際は、

それぞれタイミングがあります。

 

「どうやって改行を入れればいいか

わからない!」

という人は、改行をするタイミングを

把握しておきましょう!

 

主なタイミングは、以下の二つです。

 

【ブログで改行をするタイミング】

  • 話題が変わるタイミング
  • 2行・3行を目安にする

 

これを基準にすれば、

適切な改行ができますよ◎

 

変なタイミングで改行をしてしまうと、

ストレスになってしまいます。

 

長文過ぎてもストレスなので、

適切なタイミングで改行を入れましょう

 

話題が変わるタイミング

ブログで改行をするときは、

話題が変わるタイミングでおこないます。

 

私が意識しているのは、ブロックを

意識して改行をすることです。

 

例えば、あなたがトマトのリコピン酸に

抗酸化作用が期待できるという記事を

執筆するとします。

 

その場合、以下ような文章展開になります。

 

【例文Aの文章展開】

トマトには、リコピン酸が多く含まれており、

抗酸化作用に期待できます。

 

リコピン酸が含まれる食材はさまざま

ですが、トマトが最も含まれていると

いわれています。

 

↑1ブロック終了

 

ちなみに、抗酸化作用が期待できる食べ物を

食べると、アンチエイジングや肌がきれいに

なるなど、女性にはうれしい効果が期待

できます◎

 

↑別の段落に移動

 

このように、話題が変わったときに、

一度改行をするとよいです。

 

前の文章と関連性があるなら文章を続けて、

話が変わるときに改行をする習慣をつけると

わかりやすいと思います◎

 

補足:改行をするときの接続詞は?

ブログを書いているときに、

改行をすると思います。

 

その際、接続詞を意識すると、

適切な場所で改行がしやすくなるので

おすすめです◎

 

SEOライティングでよく使う表現、

接続詞は以下のとおりです。

 

【改行をするときの接続詞】

  • ちなみに
  • では

 

「しかし」「また」「そのため」など、

前の文章を説明するような接続詞のときは、

基本的に改行はしません。

 

しかし、文章が切り替わるタイミングの

ときに、改行は使います

 

2行・3行を目安にする

ブログを書くときは、基本的に一文一義を

意識しなければなりません。

 

一文一義とは、一つの文章に一つの

意味を含めることを指します。

 

OK例とNG例を紹介すると、

以下のとおりです。

 

【OK例】

SEOライティングでは、コンテンツ性を

重視したほうがよいです。

また、内部対策も重要なので、

合わせて対策しましょう。

 

【NG例】

SEOライティングでは、コンテンツ性を

重視したほうが上位に行きやすくなりますが、

内部対策も重要なので、合わせて

対策しましょう。

 

メリハリをつけるために、

一文二義にすることもありますが、

基本的には一義です。

 

「改行と何が関係あるの?」と思う人も

多いですが、実は結構重要な関係性が

あります!

 

一つのテーマで記事を書いていると、

なかなか文章が途切れないケースが

あります。

 

先ほど、

”話題が変わるタイミングで改行しましょう”

説明しましたが、この理屈でいくと話題が

変わらない限りは改行ができないこと

になります。

 

そこで、2~3行で改行をすると、

適切な改行ができますよ

 

そもそも改行と段落の違いは?

ブログでは、改行を意識する必要が

あります。

 

しかし、改行と段落を勘違いしている人が

いるので、あらためて紹介しますね!

 

具体的な違いは、以下のとおりです。

 

【改行と段落の違い】

  • 改行:Shift+Enter
  • 段落:Enter

 

これは、あくまでもWordPressブログの

基準にのっとったものです。

 

そこまで厳密に定めている人は少ないですが、

意味合いを把握していて損はありません!

 

適切な改行と段落は、ユーザビリティを

控除するため、それぞれ対策しましょう。

 

改行:Shift+Enter

ブログでの改行は、Shift+Enterで

表現できます。

 

使い分けとしては、文章のブロックを

作るときに使います。

 

話題が関連している場合は、改行を使って

ブロックを作成しましょう。

 

そして、話題が終わったら、エンターを

押して段落を作るようなイメージです!

 

具体例を紹介すると、以下のとおりです。

 

【改行の具体例】

ブログでは、ユーザビリティを控除するため

に改行を意識しましょう。

適度な改行は、ブログをストレスフリーで

読めるようになります。

 

ここから、文章が切り替わるなら、

段落を入れてメリハリをつけましょう!

 

段落:Enter

段落とは、文章の区切りとして入れる

大きな改行のことを指します。

 

基本的には、句読点で段落を作る

ケースがほとんど。

 

「どういうときに使うの?」と思っている人

のために、簡単に解説すると以下のとおりです。

 

【段落を使う場合】

  • 文章が切り替わったとき
  • 別のブロックを使いたいとき
  • 文章にメリハリをつけたいとき

 

私がライティングをするときは、

このような使い方をしています。

 

改行をするときは、文章がつながっている

ときに限ります。

 

話題が変わるときは、改行ではなく段落

を入れましょう!

 

適切な改行をつけるコツを紹介!

ブログを執筆する際は、適切な改行を

しなければなりません。

 

改行をすれば、読みやすくなりますし、

 

ユーザビリティが改善します。

適切な改行をつけるためにも、以下のコツを

意識しましょう。

 

【適切な改行をつけるコツ】

  • スマートフォンで読まれることを前提に書く
  • ブロックを意識した改行をする
  • 1文を長くしすぎない
  • 文章全体のバランスを考える

 

特に、ブログはスマートフォンで

読まれるケースがほとんど。

 

改行をする際は、スマートフォンユーザー

向けにおこなうとベストです!

 

スマートフォンで読まれることを前提に書く

ブログにもよりますが、現代のSEOでは

スマートフォン向けに対策をすることが

求められています。

 

パソコンのツール系の紹介ではない限り、

スマートフォンで読まれることが多いです。

 

そのため、改行をするときは

スマートフォンユーザー向けにしましょう!

 

ちなみに、当ブログは、

スマートフォンユーザー向けに改行を

しています!

 

適度な改行と段落を使えば、

記事が読みやすくなりますからね♪

 

人によって改行の仕方は異なりますが、

スマートフォン向けに改行をしたほうが

ベストです!

 

HIROHIRO

ブログは読みやすいことに越したことはありませんからね!

 

ブロックを意識した改行をする

ブログで改行をする場合は、

ブロックを意識しましょう。

 

話題を変えるときに、改行や段落を

設定しますが、意味なくするのは

NGです。

 

改行には意味がありますし、

文章を読みやすくするためには

必要なことです。

 

記事は、セクションごとに

説明する内容は異なります。

 

文章が変わるのに、段落や改行を

しないような文章は、ユーザーに

飽きられてしまいますよ!

 

例えば、あなたが一つのセクションで

3つの話題を出すとします。

 

その場合、以下のような

改行・段落設定が可能です。

 

【改行・段落設定】

  • セクションAのブロックを作成
  • セクションBのブロックを作成
  • セクションCのブロックを作成

 

伝えたい内容をセクションで分けるのは

大前提で、改行・段落をつけてメリハリ

をつけましょう

 

1文を長くしすぎない

ブログで適切な改行をするなら、

1文を長くしすぎないようにしましょう!

 

あまりにも文章が長すぎてしまうと、

ユーザーが離脱してしまいます。

 

少なくとも、

SEOライティングをしているなら、

1文の長さは30~60文字程度で調整

しましょう。

 

しかし、これには諸説あり、

一文が短すぎると”稚拙な文章”

判断されるようです。

 

文章が長い例と、稚拙に見える(?)例を

紹介するので、参考にしてくださいね♪

 

【文章が長い例】

トマトにはリコピン酸が配合しており、

抗酸化作用に期待できることから、

”アンチエイジング・美白効果・美容効果”

などに大きく作用するともいわれています。

リコピン酸はトマト以外にも摂取できますが、

トマトが最も配合されているほか、

栄養素も高いため、抗酸化作用以上の

効果にも期待できます。

 

【稚拙に見える例】

トマトには、リコピン酸が配合しています。

 

この栄養素は抗酸化作用に期待でき、

さまざまな効果が期待できます。

 

期待できる効果は、以下のとおり

←これが稚拙らしい

 

[リコピン酸で期待できる効果]

  • アンチエイジング
  • 美白効果
  • 美容効果

 

トマト以外でも摂取できますが、

トマトが最も含有量が高いです。

 

個人的には、文章表現が短いからと

いって稚拙に見えることはないですね!

 

むしろ、そちらのほうがスマートに

まとめられているため、メリハリが

つくと思います◎

 

HIROHIRO

ブログは自分でルールを決められるので、自分なりに調整するとよいでしょう!

 

文章全体のバランスを考える

ブログで改行をする場合は、

文章全体のバランスを考えましょう

 

一切改行がない文章は退屈しますし、

自分のなかでどの改行・段落付けが、

一番しっくりくるのかをテストします。

 

私がブログで意識しているのは、

以下のとおりです。

 

【ブログで意識している改行について】

  • スマートフォン向けに改行
  • 文章が変わったら改行
  • 必要に応じてブロックで改行

 

全体的に文章が長い場合は、

積極的に改行を使ったほうがベスト

 

段落についても積極的に使い、

ユーザーがストレスなく読める文章作り

をしましょう!

まとめ

ブログ記事を作成する場合は、

改行を入れましょう!

 

あらためて改行をするタイミングを

紹介すると、以下のとおりです。

 

【ブログで改行をするタイミング】

  • 話題が変わったとき
  • 2~3行文章がつづいたとき
  • ブロックを分けるとき
  • 文章にメリハリをつけるとき

 

特に、話題が変わったときは

改行をしたほうがよいです!

 

HIROHIRO

だらだらと文章を続けたとしても、離脱につながるだけですからね♪

 

   

2.7億円の価値!?SEO攻略本&Wordpress集客術をセットで先着100名様にプレゼント!

suket-banner

SUKETお勧めの情報発信ツール3点セット

  1. emanon
emanon

web集客に特化した「売れる仕組み」がお手軽に作れるwordpressテーマ。

  1. Dangan
dangan

ボタン操作で誰でもカンタンにLP制作可能。多機能かつデザイン面も◉。

  1. Cyfons
cyfons

会員サイト・メルマガ配信システムが作れます。初心者でも半日で立ち上げ可能。

WEB集客のご相談はお気軽にどうぞ!

suket-ban

SUKETの集客の特徴はSEOに強いブログを軸に、濃い見込み客を安定的に集めて、LINEステップやZoomセミナーで販売することです。

そしてその仕組みは、一度作ってしまえば、半永久的に売上を上げ続けることが可能です。もし、貴社でWEB集客の仕組みを一から構築されたいということでしたら、お気軽に無料でご相談ください。

今すぐお申し込みをする!