ブログを執筆する際に、

文章力や読みやすさを気にする人

がいると思います。

 

たしかに、

ブログでは読みやすい文章を書くことが

重要で、可読性を高めるとSEOも

よい評価を受けやすくなります。

 

「ブログで読みやすい文章を作るには?」

「読みやすいブログにするコツを教えてほしい!」

 

今回は、

このような悩みを抱えている人のために、

読みやすい文章を書く方法を解説します!

 

現役Webライターをしている人に、

一部テクニックを聞いてきたので、

そちらも参考にしてくださいね♪

 

HIROHIRO

文章力も重要ですが、ブログ全体のバランスを把握することが重要です!

【よくわかる解説】

  • ブログは基本的に最後まで読まれない
  • 箇条書きを使ってスマートにする
  • 情報発信者のテクニックは参考にしない

ブログの記事はほとんど最後まで読まれない

大前提として話しておきますが、

あなたがブログを執筆したところで、

記事は最後まで読まれないことが多いです。

 

例えば、私が担当しているブログですが、

ほとんどの人が中盤で離脱しています。

 

少しわかりづらいですが、

シークバーがまだ残っているにも関わらず、

半分以上のユーザーが読んでいないことが

わかります。

 

こちらの記事は、

トータルのボリュームが12,000文字程度

のものです。

 

しかし、最後まで読んでいる人は、

わずか3%しかいませんでした。

 

そのほとんどが、記事の中盤で離脱しています

 

記事ボリュームにもよりますが、

いくら読みやすい文章を書いたとしても、

記事が最後まで読まれることは少ないです。

 

ただ、経験上、以下のジャンルの記事は

最後まで読まれるイメージです。

 

【読まれやすいブログのジャンル】

  • 税金系(例:所得税、確定申告系の記事)
  • 使い方系の記事
  • 商品説明の記事
  • レクチャー系の記事

このような記事は、可読性が高いです。

(個人的な感想)

 

いずれも、検索するユーザーが情報を

知りたいと思って、記事に流入することが

理由です。

 

例えば、「確定申告 バレる」

いうキーワードで検索するユーザーは、

「確定申告をしないとどうなるの?」

という疑問を抱えています。

 

そこで、適切な情報を提供していると、

熟読されるわけです。

 

しかし、「ウォーターサーバー おすすめ」

検索するユーザーは、おすすめのサーバーを

探したいと思っている人が対象です。

 

記事のなかで、何かしらおすすめの

サーバーが見つかれば、その時点で離脱します。

 

HIROHIRO

難しいところですが、執筆するときは、記事を読まれないものだと思いましょう。

 

ブログで読みやすい文章を書くコツを紹介!

ブログですが、読みやすい文章を

書くにはコツがあります

 

可読性が高い記事を執筆するためにも、

以下のコツを意識するとよいでしょう。

 

【ブログで読みやすい文章を書くコツ】

  • PREP法を意識しすぎない
  • 目次・見出しで内容がわかる記事を心がける
  • 箇条書きを適度に使って記事をスマートにする
  • だである・ですます調は統一する
  • 一文一義を心がける
  • 改行を適度に使う
  • 冗長表現を省く
  • 文章全体のバランスを考える
  • 適時画像やボックスなどを使う

 

いずれも実践すれば、文章力が向上します。

 

今日からでも反映できるコツなので、

それぞれ意識するとよいでしょう。

 

PREP法を意識しすぎない

SEOライティングをする際ですが、

PREP法が推奨されることがあります。

 

個人的にはよい執筆方法だと思いますが、

すべてPREP法を意識していると、

回りくどい文章になってしまいます

 

「PREP法とは?」と思う人がいるので、

それぞれ説明しますね!

 

【PREP法について】

  • Point:結論
  • Reason:理由
  • Example:具体例
  • Point:結論

 

このような構成で文章を作成すると、

論理的でスマートな文章が作れると

いわれています。

 

「炭酸水 美容」というキーワードで、

PREP法を意識した文章を書くと、

以下のとおりです。

 

【炭酸水 美容で作成した場合】

美容効果を期待したいなら、

炭酸水がおすすめです←結論

 

手軽に購入できる炭酸水には、

美容成分が含まれているからです。←理由

 

炭酸水には、炭酸ガスが含まれており、

体内に水分が吸収されやすくなり、

尿量が増えることからデトックス効果が

期待できます。←具体例

 

さらに、炭酸水を飲むと、

炭酸が胃腸の血管を刺激してくれるので、

整腸作用にも期待できます←具体例

 

普段の生活にプラスするだけで、

デトックスやダイエットに期待できるので、

おすすめです◎←結論

 

このような文章構成ですが、

結論を先に持ってくることで、ユーザーを

退屈にさせない効果があります

 

ただ、すべての見出しをPREP法を意識した

文章を作成すると、少し回りくどくなる印象。

 

そのため、できる限り緩急をつけるために、

以下の対策をしましょう。

 

【PREP法以外にできる対策】

  • REP法に切り替える(例:理由→具体例→結論)
  • ERP法に切り替える(例:具体例→理由→結論)

 

結論を先にいうことも重要ですが、

あえて最後に持ってくることで、結論を

早く知りたいユーザーが、記事を読み進めて

くれるかもしれません。

 

目次・見出しで内容がわかる記事を心がける

私がライティングをするときや、

ライティングチームで指導しているのは、

目次・見出しで内容がわかる記事を執筆

することです。

 

実際、ユーザーのほとんどは、

見出しに注目していますからね……。

 

当ブログでは、

広告代理店で使うことが多いヒートマップを

導入していますが、最もCTR(クリック率)が

多いのは、目次です。

 

色が濃くなってる部分ほど、

クリックされています。

 

どの記事も、

目次がクリックされているので、

いかに目次が重要なのかがわかります

 

この点から推測するに、

ユーザーは目次を最も見ていることが

推測されるわけです。

 

つまり、

目次や見出しで意味がわからないと、

ユーザーが離脱してしまいます。

 

例えば、

現在読んでもらっている記事ですが、

以下の目次で構成されています。

私なりに、

各項目がまとめられている見出し

だと思います。

 

コツを知りたいなら、

「ブログで読みやすい文章を書くコツを紹介!」

をタップ・クリックすればいいですからね!

 

そのため、

ブログ全体を読みやすいものにするなら、

見出し・目次にもしっかり力を入れましょう

 

箇条書きを適度に使って記事をスマートにする

連続して何かを説明する場合、

箇条書きを使うと、読みやすい文章が

書けます。

 

NG例とOK例をそれぞれ紹介するので、

参考にしてくださいね♪

 

【NG例】

炭酸水を飲めば、美容効果が期待できます。

炭酸ガスが配合しているので、デトックス効果に期待できますし、整腸作用や疲労回復効果なども期待できます。

【OK例】

炭酸水を飲めば、以下の美容効果が期待できます。

【炭酸水を飲んで期待できる美容効果】

  • デトックス効果
  • 整腸作用
  • 疲労回復

 

NG例の場合は、文章だけで長々と

説明されています。

 

必要に応じて、

このような緩急をつける必要がありますが、

基本的には箇条書きを使ってスマートに

するべきです。

 

箇条書きを使うと、文章全体が引き締まって、

読みやすくなりますよ

 

だである・ですます調は統一する

これは基本的なことだが、

ブログの文章の語尾は統一したほうがいい。

 

だである調で書くなら、

だである調で書くべきです。

 

しかし、ですます調で書くなら、

ですます調で統一するべきだ。

 

……こちらの文章を読んだとき、

どう思いましたか?笑

 

正直、かなり読みづらいと思います。

 

ブログを執筆する場合、

語尾はすべて統一したほうがよいです。

 

執筆するテーマにもよりますが、

SEOライティングではですます調が

推奨されていることが多いです。

 

ただ、だである調でも、

上位に行くことはありますし、

一概には言えません。

 

一つの見出し・ブログ全体で、

混合しているのは可読性を低くするので

NGなだけです!

 

HIROHIRO

ときには、口語表現を使って、フランクに語りかけることも重要ですよ◎

 

一文一義を心がける

読みやすい記事を執筆したいなら、

一分一義を心がけましょう。

 

一文一義とは、

一文に一つの内容を詰め込むこと

を指します。

 

 

こちらも、NGパターン・OKパターンを

紹介しますね!

 

【NGパターン】

ブログを執筆する場合は、文章力を意識したほうがよく、SEOライティングの観点からみても、可読性を高めるため、上位表示されやすくなります。

【OKパターン】

ブログを執筆する場合は、文章力を意識したライティングをしましょう。

SEOライティングの観点からみても、可読性を高めることから、上位表示されやすくなります。

 

NGパターンの場合は、文章が長すぎて、

ダラダラ説明しています。

 

この場合、

”ブログでは文章力を意識すること、上位表示

されやすくなる”という点が内容です。

 

そのため、無理して続けるのではなく、

一つの内容で句読点を打って文章を

終わらせましょう

 

HIROHIRO

ただし、すべての文章を一分一義にすると、読みづらくなってしまうので、バランスよく調整するとよいです!

 

補足:短文で表記するのは稚拙?

これは、

現役Webライターさんと話しているときに

聞いたことですが、一部のマーケターは

「短文表記が稚拙」として、修正を求めて

くるようです。

 

私の目線からいうと、

稚拙だと思うことはありません。

 

ただし、一文一義を意識するあまり、

文章が少し稚拙になることはあります。

 

具体例を挙げると、以下のとおり。

 

【稚拙に見えやすい文章例】

トマトジュースを飲むと、デトックスできます。

リコピンに、抗酸化作用が含まれているからです。

食事前に飲むと、血圧を下げる効果もあります。

 

正直な感想を言うと、

小学生が書く日記のような文章です。

 

わかりやすいですが、

SEOライティングの観点からすると、

あまりおすすめしない書き方です。

 

改変すると、以下のようになります。

 

【文章を変えた場合】

トマトには、リコピンが含まれており、抗酸化作用があるといわれています。

そのため、トマトジュースを飲めば、体のデトックス効果に期待できます◎

さらに、食前に飲むと、血圧を下げる効果があるため、高血圧の人にもおすすめです。

 

接続詞を使ったり、

別の情報を追加したりして、

加筆するとそれらしくなります◎

 

読みやすい文章も重要ですが、

それ以上に伝わりやすく濃い情報を伝えること

も重要です!

 

改行を適度に使う

ブログを執筆する場合ですが、

文章力だけが読みやすさに直結するわけ

ではありません。

 

ブログのデザインや、

装飾なども読みやすさの一つに関係

してきます。

 

ブログにもよりますが、

2012年以降から、スマホでサイトを

閲覧する人が急激に増えました。

 

そのため、

スマホユーザー向けに改行をすると、

サイト全体が読みやすくなります。

 

当ブログでは、

スマホユーザー向けに改行をしています。

 

ブロックを活用したり、

読みづらくならないように、文章別で改行を

使用したりして、バランスよくしましょう

 

冗長表現を省く

可読性が高い読みやすい文書を書くなら、

冗長表現を省きましょう。

 

案外、

冗長表現をブログで使っている人は多く、

私も完ぺきにできているわけではありません。

 

「どういう表現のことを言うの?」

思う人がいるので、具体例を紹介しますね!

 

【冗長表現の例】

  • することができる→できる
  • ということ→です
  • ~について→~を
  • ますでしょうか?→けますか?
  • における→~の
  • において→~で

 

少しわかりづらいと思うので、

上記の冗長表現をすべて活用した文章と、

省いたパターンで紹介しますね!

 

【冗長表現をすべて使った場合】

今回は、お金の重要性について紹介します。

実際、お金は大切といえますし、お金がないと何もすることができません。

人生における重要なポイントは、お金だといえます。

それくらい、お金は人生で大切ということです。

【冗長表現を省いた場合】

今回は、お金の重要性を紹介します。

実際お金は大切で、お金がないと何もできません。

人生の重要なポイントは、お金です。

それくらい、お金は人生で大切です。

 

少し極端ですが、このようにスマートになります。

 

しかし、状況によっては、冗長表現を

使うこともあります

 

”~について、~という”などの表現は、

文章次第では必須ですからね……。

 

HIROHIRO

そのため、表記をすべて変える必要はありません!無理ない範囲で、記事のバランスを考えながら変更しましょう!

 

文章全体のバランスを考える

読みやすい文章を意識して、

記事を執筆したいと思っているなら、

文章全体のバランスを考えましょう。

 

一文の長さや、

見出しあたりの文章量を考えて作成すると、

だらだらと記事を執筆せずに済みます。

 

書きたいことがあるなら、

文章が長くなってもかまいません。

 

ただ、

一文の長さは、長すぎず短すぎずが

ベストです。

 

理想としては、

25文字~30文字がベストですが、

状況次第では短文で抑揚をつけましょう。

 

さらに、

見出しあたりでボリュームを設定しておくと、

全体的にスマートになります。

 

私は、各見出しで以下のボリュームで

作成しています。

 

【見出し別のボリューム】

  • 見出し2:200文字~300文字
  • 見出し3:300文字~600文字※状況次第では超える
  • 見出し4:300文字以内

 

見出し2は、見出し3を説明するための

導入文なので、そこまでボリュームは

多くありません。

 

見出し3はメインパートなので、

ある程度ボリュームをとっています。

 

見出し4は、

見出し3の補足なのでそこまでボリュームは

確保していません。

 

HIROHIRO

あくまでも目安ですが、きっちりした文章が作れるので、おすすめです!

 

適時画像やボックスなどを使う

読みやすい記事を作成したいなら、

文章だけではなく、ボックスや画像などを

使って、適度に装飾しましょう

 

私が記事を書くときは、

必要に応じて画像を入れていますし、

装飾もしています。

 

例えば、「ブログでは目次が最重要」

記事を執筆する場合、NGパターンと

OKパターンでは、以下のように異なります。

 

【NGパターン】

ブログでは、目次が最重要です。

離脱率が低くなりますし、ほとんどのユーザーが目次からページ移動しているからです。

【OKパターン】

ブログでは、目次が最重要で、理由は以下のとおり。

  • 離脱率が低くなる
  • ほとんどのユーザーが目次から回遊している
  • ブログの内容が把握できる

 

実際、当ブログでは、見出しのクリック率が

最も多いです。

 

赤い部分が最もタップされている部分で、

いずれも目次をタップしていることが

わかります。

 

このように、

適時ボックスや画像を使うと、情報に信用性が

生まれます

 

文章だけの説明よりも、

記事を読み進めやすくなるため、

読みやすい文章が作れますよ◎

 

ブログで文章力を向上させるマル秘テクニック【実践厳禁!】

文章力を向上させるには、

基本的なコツと合わせて、特化したテクニックが

必要です。

 

そこで、

別のクライアントさんでお世話になっている、

現役Webライターのかたに、

読みやすい文章について聞いてきました!

 

↓以下Webライターさんの話です↓

 

はじめまして、忍野いくらです。

 

私は普段、

Webライターとして活動していて、

毎月約60万文字程度記事を執筆しています。

 

そのなかで、

私は以下のことを意識して、文章力を

向上しつつ、読みやすさを意識しています。

 

【文章力を向上させるコツ】

  • 小説をひたすら読む
  • 信頼できる人以外の電子書籍は購入しない
  • 一つだけSEOバイブルを見る

 

この三つを意識すれば、文章力が

向上して、読みやすい文章が作成できますよ◎

 

小説をひたすら読む

文章力を改善したい人や、読みやすい文章を

作りたいと思っているなら、

ひたすら小説を読みましょう。

 

小説は、SEOライティングでは、

あまり推奨されるようなものでは

ありません。

 

というのも、言い回しが少し難しく、

ユーザーファーストの記事を

かけないからです。

 

しかし、

文章の流れや読みやすさなどはかなり

参考になります

 

私は、ライターコンサルも

少しだけおこなっていますが、

その際は以下の指導をしています。

 

【私が指導している内容】

  • 読みやすい文章を書く:夏目漱石
  • 体験談を書く:太宰治
  • 臨場感上がる文書を書く:芥川龍之介

 

このほかにもありますが、

オールマイティ対応できるのは、

夏目漱石の小説です。

 

小説のなかから、

一部抜粋して紹介すると、以下のとおりです。

 

私は墓地の手間にある苗畠(なえばたけ)の左側から這入って、両方に楓を受け付けた広い道を奥のほうへ進んで行った。するとその端(はず)れに見える茶店の中から先生らしい人がふいと出て来た

出典:夏目漱石「こころ」

 

この文章の流れは、

現代のSEOライティングにも通用します。

 

小説は、

読み手のことを考えながら作られているものと、

自分の感情を伝えるもので構成されていると

思っています。

 

夏目漱石の小説は、前者のパターンなので、

読みやすさを意識した文章を書きたい人に

おすすめです◎

 

記事を書くよりも、

小説をひたすら読んで勉強をしたほうが、

個人的に読みやすい文章が書けると思います

 

信頼できる人以外の電子書籍は購入しない

Amazonで調べると、

多くのブログ・Webライター関係の電子書籍が

出てきます。

 

noteも同様ですが、

信頼できる人以外の電子書籍は

購入しないようにしましょう。

 

名前は出しませんが、

今まで多くの電子書籍を購入してきました。

 

そのなかに書かれている内容は、

どれも以下が共通していましたね……。

 

【今まで購入した電子書籍に共通していたこと】

  • 自己満で書かれている
  • 全体的に内容が薄い
  • お金を稼ぐために書いている

 

多くは、自己満で書かれていて、

自分がお金を稼ぐために書かれています。

 

文章力もないですし、

構成も理解していないのに、電子書籍を

執筆している人が多すぎます

 

そのような書籍を購入するくらいなら、

最初から購入しないほうがよいですよ!

 

読みやすい執筆をしたい人は、

本当に信頼できるWebライター・ブロガーが

執筆したものを購入して学びましょう!

 

一つだけSEOバイブルを見つける

SEOで調べると、多くの書籍が出てきます。

 

ブログを書く場合や、

Webライターとして活動する場合、

SEOの知見がないと継続しないことが

多いです。

 

上位をとれないと、

なかなか稼げませんからね……。

 

しかし、SEOで調べると、

書籍が多すぎてどれを選べばいいか

わかりません。

 

そのため、

自分なりにSEOが学べるバイブルを

見つけましょう

 

基礎的な内容ももちろんですが、

現代SEOのノウハウなどが

詰め込まれています。

 

一つでも、SEOバイブルがあると、

知識を再確認できるのでおすすめですよ♪

 

まとめ

ブログで読みやすい文章を書きたい人は、

それぞれコツを押さえながらライティング

しましょう。

 

ユーザーのことを考えてライティングを

すれば、読みやすい文章も書きやすく

なりますよ◎

 

マーケターとして活動することが多くなり、

私はあまりライティングをすることは

ありませんが、指導はしています。

 

なかでも、特に指導することが多いのは、

以下のとおりですね!

 

【Webライターに指導する項目】

  • 冗長表現をなくす
  • SEOを意識した記事を書く
  • 目次で内容がわかる見出しを作る

 

この三つを押さえておけば、

読みやすい文章が作れますよ◎

 

文章を書くのが苦手でも、

執筆はできますからね!

 

日本語が得意だからといって、

読みやすい文章が書けるわけでは

ありません。

 

HIROHIRO

これも、すべて経験から成り立つので、ライティングをして身に着けていきましょう

     

2.7億円の価値!?SEO攻略本&Wordpress集客術をセットで先着100名様にプレゼント!

suket-banner

SUKETお勧めの情報発信ツール3点セット

  1. emanon
emanon

web集客に特化した「売れる仕組み」がお手軽に作れるwordpressテーマ。

  1. Dangan
dangan

ボタン操作で誰でもカンタンにLP制作可能。多機能かつデザイン面も◉。

  1. Cyfons
cyfons

会員サイト・メルマガ配信システムが作れます。初心者でも半日で立ち上げ可能。

WEB集客のご相談はお気軽にどうぞ!

suket-ban

SUKETの集客の特徴はSEOに強いブログを軸に、濃い見込み客を安定的に集めて、LINEステップやZoomセミナーで販売することです。

そしてその仕組みは、一度作ってしまえば、半永久的に売上を上げ続けることが可能です。もし、貴社でWEB集客の仕組みを一から構築されたいということでしたら、お気軽に無料でご相談ください。

今すぐお申し込みをする!