WordPressでブログ集客するためには、

検索クエリの調べ方が重要ですが、そこで

必ず導入したいのがサーチコンソールでしょう。

 

ただ、検索クエリについて、恐らくこのような

疑問があるのではないでしょうか。

  • そもそも検索クエリってなんですか?
  • Googleサーチコンソールで検索クエリの調べ方がよくわからない。
  • WordPressで使うとどんな効果があるのか?

 

まず、検索クエリを調べることができる、

Googleサーチコンソールとは?いったい

どういったものかというと・・・

  • ブログがGoogleにどのように認識されているか?
  • 検索結果でのブログのパフォーマンスの最適化
  • 検索クエリの情報を細かく集めることができる

 

自分のブログの検索クエリなどを、

Googleの根拠あるデータをもとに調べることが

できれば、効果的なSEO対策が可能です。

 

マーケターHIROマーケターHIRO

今回はそんなWordpressでのSEO対策で欠かせないGoogleのサーチコンソールの基本的な使い方や検索クエリの調べ方について解説していきます^^

 

検索クエリを調べる前に!サーチコンソール(Search Console)の押さえておきたい7つの見方

まずは、Googleサーチコンソールの基本的な

使い方をマスターしておきましょう。

 

検索クエリの調べ方をマスターする上で

大切なことなので、読み飛ばしせずに

しっかりお読みください。

 

今回は、下記の7項目をご紹介していきます。

  1. 構造化データ
  2. HTMLの改善
  3. 検索アナリティクス
  4. 内部リンク
  5. Googleインデックス
  6. クロールエラー
  7. Fetch as Google
  8. サイトマップ

それではひとつずつ見ていきましょう。

 

構造化データ

 

悩む女悩む女

Googleってどうやって私たちのブログの評価をしているの?

恐らく、こんなことを考えたことが

あると思います。

 

私たちはブログを見ても・・

  • これがタイトル
  • これが著者名

と直感的にわかりますよね。

 

しかし、 Google のロボットは、

タイトルや著者名などを

すぐに判断できるわけではないです。

 

そこで 、HTML で適切なタグをつけることで

Google に「タイトルはこれだよ

と伝えることができます。

 

そんな HTML タグのエラーは、

Googleサーチコンソールで、

このように検出されグラフ化されます。

 

構造化データ

 

例えばここで発生しているエラーですが、

著者

 

内容は、authorがうまく伝えられていない

となっています。

 

中にはエラーは直さなくても

SEO 的には影響がないといった意見も

あるのですが、、、

 

しかし、エラーがあるということは、

自分のブログの構造が検索エンジンに

正しく伝わっていないということ。

 

ただ、正しく伝わっていたほうが、

”より適切に検索結果に
現れすくなるのでは
ないか?」”

と私は思っているので、

もし、Googleのサーチコンソールで

エラーがあった場合は、その都度直しておく

ことをお勧めしています。

 

HTMLの改善

悩む男悩む男

エラーがあるならすぐに改善したい!

このように思うのがまさに健全でしょう。

 

例えば、メタデータタイトルタグ

問題があると、このHTMLの改善」に

問題のあるページが表示されます。

HTMLの改善

 

下図のように、ここでは短い

メタデータがあるページが検出されました。

ディスクリプションが短い

見てみると、、、

メタデータ(description)が1行です。

 

メタデータとは、検索結果で

表示される”説明文”のことです(下図参照)。

説明

もちろん意味が伝われば、

短くても良いのですが、何が書いてあるか

伝わらない内容だったら、検索で表示されても

クリック”されにくいですよね。

 

このようにGoogleで検索された時に、

”どのように表示されて説明されるか?”

を見ることができます。

 

内部リンク

悩む女悩む女

内部リンクを調べて導線を意識していきたい!

恐らく、サイトアフィリをされている方などは、

このように考えているはずです。

 

サーチコンソールを使うことで、

あなたのサイトに、

”どれだけの内部リンクが貼られているか”

分かるようになっています。

 

内部リンクが、多ければ多いほど

そのページにたどり着きやすいということ。

 

もし重要なページ・・・

例えば、お問い合わせページと無料相談の

内部リンクが少ない場合は・・・

 

CV(コンバージョン)は少ないはずです。笑

 

それはお問い合わせページに、

たどり着きにくいということなので

Googleのサーチコンソールで

そういった結果がでたら改善が必要です。

 

逆にお問合せへのリンクが多い場合は、

もう少し記事と記事どうしの導線を張ったり

間にクッションページを作り、サイト全体の

滞在時間を増やす方策の参考になるはずです。

 

Googleインデックス

悩む男悩む男

なんか最近SEOの順位が下がったなぁ。やばい。

そんなお悩みをお持ちであれば、Google

インデックスでチェックするのがおススメ

 

Googleインデックスに入っている

3つの項目とその説明は下記の通りです。

インデックスステータス 検索結果に表示されているページの数です。
ブロックされたリソース Googlebotがアクセスできなかったリソースの数です。
URLの削除 自分のブログを検索結果から一時的に削除できます。

 

この中で特に重要なのは、

”ブロックされたリソース”です。

 

ブロックされたリソースが多いと、

SEO的にも不利になる可能性があります。

 

サーチコンソールで、

定期的にこの項目はチェックが必要です。

 

クロールエラー

ブログで悩む人ブログで悩む人

固定ページのパーマリンクをいじってしまってページが観れない、、、

あくまで例えばの話ですが、固定ページの、

パーマリンクを変更したりすると、ページが、

検索されなくなることがあります。

 

マーケターHIROマーケターHIRO

固定ページって、色々なページに貼っていたりしますからね(笑)

 

クロールエラーとは、

検索には表示されているものの基本、

”アクセスができなかったページ”を指します。

 

例えば、ページを削除してしまった場合、

ブログ内では、そのページにアクセスが

できなくなっていても、まだ検索結果に

そのページが残っている可能性があります。

 

クロールエラーとは、そんな削除された

ページのアクセス数でもあります。

 

この数が多い場合の対策方法には、

下記のような対策方法があります。

  • ページが見つからなかった時のためのページを用意する
  • 新しいページにリダイレクトする

せっかくブログに訪れてくれたのに

ページが無いとすぐに離脱されてしまいます。

 

ユーザーを逃さないためにも、

サーチコンソールでクロールエラーを

見つけたら、すぐに対処しましょう。

 

Fetch as Google

悩む女悩む女

記事を編集したけど、なかなか更新されないよー

ワードプレスやサイトを構築すれば、

このような経験をされたことはあるはずです。

 

これもサーチコンソールの優れた機能の

1つですが、新しくページを更新した時に、

Google の検索結果に反映されるよう

”打診する”ことができます。

 

あなたが、こんな悩みを抱えている時に、

  • ページを早く検索結果に表示させたい。
  • ブログを作ったばかりで検索結果に出るのに時間がかかる。

Fetch as Googleを使うようにしてください。

 

また、 Googlebotの種類も指定できます。

 

ブログを見てくれているユーザー層が

パソコンが多ければ「PC」を、

スマートフォンが多ければ、

モバイル:スマートフォン」を指定できます。

 

サイトマップ

 

サイトマップを送信することで、

Googleの検索結果にブログの更新情報等を

効率よくお知らせできるようになり、

”効率よく”というのがポイントですね!

 

目次みたいな感じで読者にとっても、

アレは、便利なはずです♪

 

あなたがWordPress で、ブログを

作っているなら、プラグインで簡単に

サイトマップを作ることができますし、

コンソールでもサイトマップでエラーが

発生すれば知らせてくれるようになっています。

 

サイトマップはそんなに見ないですが、

一度だけでも見ておくようにしましょう。

 

検索アナリティクス

ブログで悩む人ブログで悩む人

自分が書いた記事がどれくらい検索されているか詳しく知りたい!

恐らく、殆どのブロガーさんが、このように

お考えでしょう。さぁ、ここからがいよいよ

本番ですが・・・

 

サーチコンソールの、検索アナリティクスでは

Google内で使われた検索クエリごとの・・・

  • クリック数
  • 表示回数
  • CTR(クリック率のこと)
  • 掲載順位

”コレラ全部”が分かります。

 

これって凄くないですか?

Googleが道しるべをくれているに、

等しいですよね(^^;

 

自分のブログに訪れた人が、Googleから

”どのような検索クエリで来てくれたか?”

分かるようになれば、自分のサイトを改善

できるし、SEOをさらに高められるわけです。

 

さぁ、いよいよあなたのブログの検索クエリを見ていきましょう!検索アナリティクスを使ったSEO対策の核心に迫ります。

サーチコンソールの基本的な使い方が、

わかったところで、検索アナリティクス

(検索クエリ)を使った SEO 対策

ついてご紹介していきます。

 

検索アナリティクスでは、Google内

検索クエリごと(検索ワード)

  • クリック数
  • 表示回数
  • CTR(クリック率のこと)
  • 掲載順位

が分かります、と説明しました。

 

初めの画面のままだと、”どの記事に

どの検索ワードで訪れているのか”

わからない状態です。

 

しかし、フィルターをかけると

記事ごとの検索クエリが分かるようになります。

 

さっそく、Googleの検索クエリの調べ方

手順に沿ってご紹介していきます。

 

まずは、サーチコンソール内のページを選択して下さい。

ページを選択

 

次に、検索クエリを知りたい

ページを選択します。

検索ワードを知りたいページを選択

 

”クエリ”を選択します。

クエリを選択

 

すると、Googleで実際にユーザーが

検索したクエリがでてきました!

 

一番上にある・・・

  1. クリック数
  2. 表示回数
  3. CTR
  4. 掲載順位

にチェックを全部入れると

もっと分析しやすくなります。

 

4つ全てにチェック

 

この記事は全体的に、

平均掲載順位がまだ低めです。

 

ベストなのは、全ての検索クエリで

”1位を取ること”ですよね。笑

 

まだ、5位から11位をさまよっているので、

どのように改善するべきか?ですが・・・

  • 表示回数が少ないTOP10に入るように基本に忠実に執筆をする
  • 順位がTOP10位圏でクリック数・CTRが少ないタイトルを工夫する
    ヒント)タイトルを認知的不協和、重量感、実体験・検証風にする
  • 順位が10~20位高い確率で読まれるコンテンツを追加編集する
    ヒント)読者の利益になる内容、有料級ノウハウを盛り込む
  • 順位の高い重要な記事→TOPページに内リンクを貼り導線を張る

上記4つの見方と編集ポイントをおさえて

おくようにしましょう!

 

このような検索クエリの改善を、

サーチコンソールで繰り返し繰り返し

分析して、上位表示を目指していくわけですが、

 

サーチコンソールの検索アナリティクス

(検索クエリ)は、数字で判断をすると思います。

 

しかし、”この数字に囚われないこと”

こそ、とても重要になります。

 

実際にユーザーがGoogleで検索した

お悩み系の検索ワードなので、

よりユーザー目線に近い言葉だという事。

 

ユーザーの心理を見抜き、先回りして、

ユーザーの知識を凌駕する、コンテンツを

作ることが求められます。

 

もし、読者のニーズとウォンツを掴み取り、

検索クエリにあった言葉に置き換えられれば

あなたのサイトのSEOは向上するでしょう。

 

検索クエリの数字と読者の”心理”

両方を大事にしてください。

 

検索アナリティクスを使った、

検索クエリの調べ方をマスターして

SEO上位を目指していってくださいね。

 

おわりに

 

今回は、

  • サーチコンソールの基本的な使い方
  • 検索クエリのデーターを参考にした SEO 対策

をご紹介しました。

 

サーチコンソールは、Googleの検索結果に

自分の記事がどのように表示されているのか

調べることができます。

 

また、検索アナリティクス(検索クエリ)

では、実際にGoogleでユーザーが検索した

ワードはもちろん、”検索での順位”や

クリック率”までもが丸裸になります。

 

サーチコンソールを使い、

自分のブログの検索順位を上げたいときは、

必ず以下のことを再度チェックして下さい。

  • 表示回数が少ないTOP10に入るように基本に忠実に執筆をする
  • 順位がTOP10位圏でクリック数・CTRが少ないタイトルを工夫する
    ヒント)タイトルを認知的不協和や重量感を与えたり、実体験・検証風にする
  • 順位が10~20位高い確率で読まれるコンテンツを追加編集する
    ヒント)読者の利益になる内容、有料級ノウハウを盛り込む
  • 順位の高い重要な記事→TOPページに内リンクを貼り導線を張る

 

これら4つだけを意識するだけで、

あなたのサイトは劇的に変わるはずです。

 

新規記事ばかり書いていると、ごみ記事

を生み出す要因になるので注意が必要です。

 

検証しない人に明日はないですよ(^^;

 

マーケターHIROマーケターHIRO

サーチコンソールにはいろいろな使い方がありますが、検索クエリの調べ方をマスターすれば、自分のビジネスの集客力も格段に上がることでしょう。またメルマガでは、実益に繋がることを書いているので、良かったら併せて読んでみてくださいね!