どうも!マーケターのHIROです。

 

恐らくあなたもご存知かもしれませんが、

あなたが情報発信で“どかん”と稼ぐ上で、

今や外せなくなったのが、

「LINE@」ですが・・・

こちら2019年に従量制に
なるとのことで、

 

“ダイレクト・レスポンス・
マーケティング(DRM)”

をしている方にとって嬉しくない

サプライズだったと思います(^^;

 

私もかなりびっくりして、

何度もLINE@のルール改定文

読み返してしまいました。

 

LINE@従量制まじかよ・・・

 

そうなった場合、セミナーが打ちずらくなり、

“年間裕に1000万減も考えられるのでは?”

と単純計算してしまいました。

 

そこで、今回は、私なりに、

LINE@の従量制の対策を考えてみたので、

情報をシェアしたいと思います。

 

マーケターHIROマーケターHIRO

LINE@が従量制になるので、私が考える対策についてお伝えしていきます。

LINEはオワタ?LINE@が従量制になるとどうなるのか?

今回のLINE@従量制の改定を分かり

やすく説明をすると、あなたが繋がる

LINE@「友だち」への配信数に応じて・・・

従量課金制になっていきます。

 

改定されたプランは、

  • 月額0円の「フリープラン」
  • 月額5000円の「ライトプラン」
  • 月額15000円の「スタンダード」

3つが用意されていたと思いますが、

「5,000円プラン」は、

月15,000通までの制限になり、

追加の配信は「1通5円」掛かります。

 

「15,000円プラン」は、

月45,000通までになり、追加の配信は、

50,000通までなら「1通あたり3円」掛かります。

 

「1,000,000通」くらいになると

1通1.5円になるのですが、

100万通なんて普通に送らないと思いました。

 

これ問題なのが・・・

LINE読者を多く抱えるユニクロなどの

大企業や店舗も、場合によっては、

月額100~200万程の請求になるとの

見方で、業界がざわついていますね・・・。

 

LINE@が従量制になるってマジかw

 

…としか言いようがない変更です(笑)

今後、セミナーの告知やプロモ―ションも

しにくくなるし、

 

LINA@で発生する莫大な従量課金を覚悟して、

プッシュマーケティングや集客を

していかないとなりません。

 

”プッシュマーケティングの終焉”

と捉えてもおかしくありません。

 

マーケターHIROマーケターHIRO

LINE@を複数アカウント持つ方にとっても相当きつい仕打ちです、、、

従量制は高い!LINE@の意図は何なのか?

今回のLINE@のルールが変更されて、

私が最も気になったのは・・・

「タイムラインの投稿が無制限」

になったことです。

 

この裏を返せして・・・

仕掛け側の観点で見ていくなら

通常の配信は、

「DRMを少し控えて、
タイムラインなら無料だから
がんがん流して欲しい」

という意味合いに取れると思いました。

 

LINE@をビジネスで使っている場合、

タイムラインの投稿が増えるとすれば、

LINE@は、広告ビジネスの方に

移行するのかな?と踏んでいます。

 

LINEもInstagramも、FACEBOOKも

行先は、広告ビジネスなので、

恐らくこの流れにはなるかな~と思っています。

 

とはいえ、LINEさんよ・・・今回の従量制は大胆過ぎる変更では?料金が高い、、、

今回の従量制の煽りは、僕も含めた

情報発信者を苦しめる改定ですし、

あまりに“大胆”だと思いました。

 

一斉配信ががでいない時点で、

年間1000万円の利益が減るかも。。。

それほど、LINE側の方でも、

クレームが来たのでしょうし、大胆に

ルール変更を強いられたようにも感じます。

 

その一方で、あまりに大胆過ぎるので、

今度は、大企業から見放される可能性もあるのか?

これも見てゆきたいところ。

 

”LINEが従量制になるとしても、
LINEを使い続ける企業がどれくらいいるのか?”

LINE@も試験的な導入をしているに

違いないという見方もあります。

 

もしかしたら、僕の予想通り

タイムラインを使う企業も増えそうですし、

LINE@は、そこのエンゲージメントを

見ているはずです。

 

店舗型ビジネスでプッシュマーケティング

に力を入れているパチンコ屋でも、

毎月の従量課金のよるLINE@のコストが、

あっさり200万以上と言われています、、

 

ユニクロとか一瞬で課金ですね、、、

 

マーケターHIROマーケターHIRO

多くの情報発信者がプッシュマーケティングをしていて、採算がとれずにLINEビジネスが崩壊する方もいるのではないでしょうか。

LINE@が従量制になると想定して、情報発信者が行うべき対策は?

一度発表したLINE@の従量制の、

改定ルールをすぐに変更はしないでしょうし、

LINE@崩壊という見方を想定するべきです。

 

LINE@は、高い確率で暫くは、

改定ルールのまま、ユーザーの同行を

伺い、データーを取っていくはずです。

 

そこで我々は、その期間、新たな改定が

あるまで、LINE@無しでマーケティングを

していかないとなりません(^^;

 

高額のLINE@の従量制で戦える方は、

一斉送信に対するCPAをよく考えて

配信するようになるでしょう。

 

マーケターHIROマーケターHIRO

いよいよ。ここからは、高額の可能性が高いLINE@の従量課金制に対する具体策を述べたいと思います。

LINA@の崩壊?メルマガ復活の兆しか?

従量制になる前のLINE@がメジャー

になってきて、メルマガの復活の兆しか?

と言われていますが・・・

僕はこれはない思っています。

 

と言いますのも、LINEがメジャーに

なってから、随分と、メルマガの反応が

落ちたなという印象です。

 

正直これだけでは戦えないかな~

という印象ですね。

それくらいチャットの時代になりました。

 

ただ、メルマガは、メルマガでまだまだ

有効手段なので、やっておいて損はないでしょう。

 

今後は、LINE@を使ったローンチも

従量課金制の影響でプッシュできないので、

メルマガの流れに一時戻ると思いますが、

今メルマガで上手にやっている人を僕は

知っていますが、本当に素晴らしいと思います。

 

FACEBOOK BOTはどうか?

FACEBOOK BOTは、2018年の段階で、

まだ日本語サイトがなく、FACEBOOKを

使って集客される方が、ぽつぽつといる印象です。

 

またFBは、世代的にも年輩の方や

女性が使っていますかね。

 

で、実際に、LINE@と同様、FB-BOTは、

自動分岐でお知らせができるので、

Instagramもこの手のツールが、

増えてきていますので、botも

普通に使ってもありかなと思っています。

 

やはり今やチャットの時代なので、

2019年FB-BOTが入ってくると思います。

LINE@の対抗馬が欲しいところ・・・

 

さらによいことにFBの場合、顔出しして

信頼性を高めなければならないので、

FACEBOOK BOTの流れが来れば、より

透明性が高まるのかなぁとは思っています。

 

LINE@は、匿名配信に近いし、正直、

特定電子メール法の観点で疑わしい

ずっと前から感じていました。

 

流れがき始めたら、Bot系は、使う準備を

してもよいでしょう。

 

Instagramはどうか?

私の知人で、Instagramのツールを

開発して、LINE@のリストを

効率よく集めている方がいます。

 

しかし、結局LINE@に誘導しても、

LINE@が従量制なので、意味をなさないです。

 

ですので、SNSでリストを取る場合は、

  • noteなどのクッションページ
  • ネット系ぽくない信頼の高いランディングページ
  • オウンドメディアの固定ページ

等に誘導して、オプトインさせると

登録までの過程がわかってよいでしょう。

重要なのは、オプトまでの過程であり、

リストの数ではありません

 

そもそもLINE@は、オプトイン自体

どうなっているすらわかりません(笑)

SNSのようなDMのような・・・

まぁ、これが「チャット」なんですよね。

 

匿名性も高く、信頼のある写真を載せても、

住所の記載はしなくていいし、

法律が追い付ていない印象です。

 

一回一回の配信に特電法の記載もしないし、

運用者が別人なこともあるので、

なりすましも多いですよね?

 

なんの説明もなく、LINE@に

誘導されれば、アレだと信用性も落ちたはず。

 

もう少しSNS会社が、SNSで完結できるチャットの

仕組みを作らないともったいない気がします。

 

ともあれ、現段階でInstagramにせよ、

SNSなんにせよ、オプトインを促す、

クッションページは必要ですね~

 

マーケターHIROマーケターHIRO

Instagram→LINE@に誘導してリストをとるなら、ブログなどでプロフィールページなどを挟むと親切でしょう。

DMMサロンでフロントマーケティング

これは、最近僕が考えていることですが、

高額のLINE@が従量課金制になる前に、

フロントマーケティングで、

サロンを売ってしまおうというやり方です。

 

料金1000円とかにして、誰もが

申し込むようにしておきます。

 

そして、そこからセミナーを告知して、

バックエンドを仕掛けていくやり方は、

どうかな~と思っているんです。

 

もちろん、自分の力で月額サービスが

打てれば、よいに越したことはないですが、

DMMサロンは、あのDMMですし、

信用性も高く透明性があるので、

怪しくないかな~と思っています。

 

一部のリストをサロンに避難させて

濃くする感じです。

 

例えば・・・

  • せどりで稼ぐサロン
  • 最新のマーケティングの情報共有できるサロン
  • アフィリエイトやFXのコミュニティ寄りなサロン

なんでもよいと思います。その際に、

LINE@とは違うコンセプトでサロン運営

をしないといけないですが、考えておいて

損はないと思っています。

 

マーケターHIROマーケターHIRO

今LINE@で情報発信をしていて、従量制課金の対策の一つとして、より濃いコミュニティを作っておくのもありです。

オウンドメディアは上級者向けです。

これは、SUKET
代表の、

マーケターHIROの専門分野ですが…

 

まず、【オウンドメディア】とは、

簡単に「自社の集客サイト」を意味します。

 

用途は色々ですが、あなたに売りたい

コンテンツや商品がある場合、

オウンドメディアで紹介していくと、

プッシュしなくても勝手にお客さんが、

お問い合わせを入れてくれるようになります。

 

これは、メルマガやLINE@の情報発信に対して、

プル(pull)型のメディアになります。

 

例え、LINE@がダメでも、

僕の場合は、提携するオウンドメディアが

5つ6つあり、集客に困らないので、

実は、全く焦っていなかったりします。

 

2018年11月は、提携サイトだけで、

20件以上のコンサルティングに関する

お問い合わせをもらっています。

 

もちろん、LINE@が従量制になるのは、

痛いですが、僕には

SEOライティングのスキルがあるので、

集客に困ることがあまりないんですね。

やり方も科学的で熟知しているつもりです。

 

ただ、このサイト作りは、どう考えても、

上級者向けですし、初心者が作る

ブログなんて、たかがしれています。

 

もし、プル型のオウンドメディアの構築に

本気で取り組むなら、それ相応の

アカデミーやスクールに入って、

真剣に勉強するとよいでしょう。

 

オウンドメディアは、SNSやLINE@とも

相性がよく、色々な使い方が柔軟にできるので、

プル型のメディアは一つ持っておくことをおススメしておきます。

 

マーケターHIROマーケターHIRO

もし、オウンドメディアを構築して、pull型の情報発信をしたい場合、SUKET
にお任せください。LINE@を配信しなくても、勝手にお客さんがきますので。

LINE@の対策のまとめ!結局どうすれば一番よいのか?

これは僕が考えた一つの結論ですが、

今後は、恐らくyutubeが最も効果を

発揮すると思っています。

 

オプトインする前の過程こそ、

私は最も重要だと思っていて、

「どんな人が情報発信しているのか」
「どんな実績でどんなキャラなのか」

これこそ、マーケティングで

最も重要だと感じています。

 

あなたも認知度の低いメルマガ発信者より

顔や姿がはっきりとわかる動画配信者の方が、

人気があり、話題性のある発信者の方が、

強い興味をひかれますよね?

 

信頼性や透明度の観点でも、

yutubeが最もわかりやすいし、

ポジションも取りやすい。

 

集客効果もLINE@がなくても

メルマガが生きて反応も数十倍取れるでしょうね。

 

こんなデータもあります。

情報発信やFB広告の

セミナー参加をすると聞ける話ですが、

yutube動画に文字を入れると、広告効果は、最大4500倍も違う

こんな統計データーもあるので、普通にyutubeで

良質なコンテンツを配信して、

メルマガに誘導するだけでも十分だと思いました。

 

動画の広告効果は、文章より

はるか凄いので・・

 

それに気づける情報発信者は、

LINE@であろうが、メルマガであろうが・・・

情報発信で普通に生き残れると思いましたし、

プッシュ型のマーケティング手法が

終焉することを想定していかないとなりません。

 

最近TVも視聴者参加型の流れが来ているし、

ライブ感出してリストをとるのもありでしょう。

ライブからオプトインは、結構反応よいです。

メルマガ書くよりいいんでないかな・・・

 

今多くのDRMを駆使する情報発信者が、

LINE@に依存しているに等しいので、

高額な従量制の対策が今後も模索されそうです。

 

マーケターHIROマーケターHIRO

LINE@が従量制になり、LINEが日本のチャットワーキングを独占しています。その対抗馬として、slack、チャットワーク、カカオなどが発達して成長してくるとさらに面白いと思いました。メルマガでは、LINE@が従量制になっても少数配信することで、課金をセーブする方法も伝えようと思っています。ある方法を使えば、従量制も乗り切れますので。