あなたが、コアなSEO対策をしていて、

サテライト(衛生)サイトを効率よく

運営するために・・・

サテライト(衛生)サイト記事を効率よく

更新したいと思います。

 

そこで、使うのは、

  • 「PSW2」
  • 「Really Simple CSV Importer」

になりますが、あまり聞いたことないと思います。

 

簡単に言うと、前者の「PSW2」は、

全く異なるパターンの記事を大量に生産する、

プログラミングツールで、もう一つの、

Really Simple CSV Importer」は、

WordPressのプログインで、

csvで記事を一括入稿できるツールです。

 

どうでしょう。

”使用する目的や使い方を知りたくありませんか?”

 

今回は、ブラックハットのSEO対策や

サテライトサイト(衛生サイト)を運営して、

被リンクを意識している人向けに、

「PSW2」と「Really Simple CSV Importer」

について、詳しく書いていきたいと思います。

マーケターHIROマーケターHIRO

サテライト(衛生)サイトが効率よく量産できるやり方は知って損はありません。聞いたことない情報ばかりかと思いますが、今回の記事を読んでぜひインプットしてください。

サテライト(衛生)サイトを効率よく量産!「Really Simple CSV Importer」とPSWを使う一番の目的とは?

もし、あなたが、サテライト(衛生)サイトを、

真剣に運営したいとお考えであれば、

「PSW2」と「Really Simple CSV Importer」は、

まだまだ使えるツールになってくると思います。

 

となると、サテライトサイトを作るメリットを

お話ししないとアレですが・・・”

要するにあなたが運営するメディアへ生きた

リンク(バックリンク)をつけることで、

SEO上位表示をしていこうという対策です。

 

「PSW2」と「Really Simple CSV Importer」

使う事で記事を書く作業時間が短縮でき、

サテライトサイトを構築できるようになります。

 

一度、作業工程を覚えてしまえば

比較的に簡単な作業になってくるかと思うし、

段々、楽しくなってくると思います。

 

そもそもReally Simple CSV Importerとは?サテライトサイト量産できるツールとの関係性は?

まず、『Really Simple CSV Importer』は、

WordPressのプラグインで、簡単に言うと、

エクセルなどで情報を入力し、しかも、

数百件の記事のデーターをcsv形式で、

一括インポートする機能があるプラグインです。

 

他にも、この「Really Simple CSV Importer」

で使える機能をピックすると、

  • 記事や固定ページの投稿も可能!
  • 公開日時や公開下書きなどを設定できる!
  • 画像の登録や画像などの指定も可能。

このようなことも、出来るわけです。

 

私は、30個のサテライトサイト

運営しているので、”記事を1つずつ書いて、

投稿するのは手間で・・・死にますよね。

 

なので「Really Simple CSV Importer」

を使う事で、作業の効率化、時間短縮を

することができるワケです。

 

「Really Simple CSV Importer」をインストールしよう!

ワードプレス内にあるプラグインの

新規追加から、赤く囲んだところに

「Really Simple CSV Importer」

をコピペして検索をすると・・・

なんと、普通に、検索されるので、無料ですw

 

このプラグインはあまり、更新されていない

みたいで、(更新が3年前になっていました)

が、全く問題なく使えるのでご安心ください。

※ただ、使う際は、セキュリティ対策もしておくと
心配ないかなとは思います。

 

今すぐインストールのボタンを

押して、有効化をしておきましょう。

 

これで、「Really Simple CSV Importer」の、

インストールは完了しました。

 

マーケターHIROマーケターHIRO

次に、「Really Simple CSV Importer(RSC)」の、具体的な使い方を説明する前に、PSV2について解説していきます。サテライト(衛生)サイトを効率よく量産するためには、本当にお勧めの方法なので(^^;

サテライトサイトを効率よく作りたい!パーフェクトサテライトライター2(PSW2)とはどんなツールかを知ろう!

PSW2では、完全オリジナルの文章を

一瞬にして、しかも、自動で10~10000万以上

の記事を作成することが出来る有料ツールです。

 

細かな設定と内部リンクを設定することで、

狙うキーワード記事を作成することもできるし、

PSW2のデータベースには・・・

一つの文章に対して、沢山のキーワードが

用意してあり、ランダムに組み合わせて、

同じ文章にならないように作成できるのですが、

Googleのペナルティを受ける心配も殆ど無いと言われています。

 

なお、PSWは、有料ですので、使う際は、

よく考えてからご利用ください。

 

マーケターHIROマーケターHIRO

さぁ、いよいよ次に、「Really Simple CSV Importer」とPSW2を使って、記事を一括入稿してみたいと思います。

パーフェクトサテライトライター2(PSW2)で作成した記事を、RSCで一括入稿する方法とは?

PSW2で作成した記事をWordPressに一気に

インポートする方法ですが・・・

  • テキストのエンコード(Shift-JIS→UTF8)変換
  • CSVの基本的な概念(殆どエクセルと同じです。)

などややパソコンの知識を必要とする作業をしないとなりません。

 

それでは、いきます。が、下図は、

既にPSWを使って、量産記事をエクセルに、

落とした状態になります。

赤い囲み枠「重要項目(と呼ぶ)」のタグを

コピペで埋め込むことで、様々な設定が

出来るようになります。

 

重要項目のタグの一覧は、以下の通りです。

  • post_title→投稿名
  • post_content→投稿の内容
  • post_date→投稿日付。
  • post_status→公開・非公開・下書き

一見、難しそうに見えますが、

覚えると簡単な作業になります。

 

完成したエクセルのファイルを、

『名前を付けて保存』
→『保存場所を指定(デスクトップなど)

することで、必ずファイルの種類を

CSVファイルに指定して保存をお願いします。

 

CSV形式のファイルの文字コード、

(Shift-JIS)をTeraPadで(UTF-8)に変更します。

 

その後、あなたのワードプレスを開き、

「ツール」→「インポートを選択して、

CSVのインポーターの実行をクリックすると、

 

すると下図のように、インポーターの画面

行くはずです♪

「ファイルを選択」のところに、

CSVファイルをドラック&ドロップして、

「ファイルをアップロードしてインポート」

ボタンを押せばインポートは完了

 

投稿一覧のところに、反映されたら終了ですね。

 

このように、あなたが、サテライトサイトを

量産して効率よく作成するために、

Really Simple CSV Importerを使用する事で、

多少エクセルみたいな作業が必要ですが、

瞬時に記事を投稿する事が可能なわけです。

 

作業が難しいように思えますが、

作業工程を覚えてしまえば、

とてつもなく、サテライトサイトの記事を

効率よく一括入稿できるようになるので、

かなり楽になっていきますよ^ ^♪

 

まとめ

「PSW2」と「Really Simple CSV Importer」

使って、あなたのサテライトサイトの記事を

一括入稿するやり方をお伝えしましたが、

PSV2は、前もって、最低限購入しておく必要があります。

 

さらに、記事を量産したいジャンル

ライセンスも買い増ししないなりませんので、

少しお金がかかることを知っておいてください。

 

こちらを見ると、かなり豊富なジャンルがあり、

まだまだ増え続けているようなので、普通に

リライトして使ってもよいほどだと思います(笑)

 

PSW2のお申込みはこちら

 

マーケターHIROマーケターHIRO

その「PSW2」に加えて「Really Simple CSV Importerと組み合わせて使うことで、サテライト(衛生)サイトの記事を効率よく作成する事が可能になり、作業も捗るようになるのは間違いないですよ!関連してWordPressのSEO効果を高める究極の方法も一緒に読んでおくとさらに知識が深まると思います。