今回は

  • 「zoomの使い方って難しそう」
  • 「zoomって集客に良いみたいだけど、なかなか一歩踏み出せない」

 

そんな方へ、

手軽にzoomを始められるような使い方を

伝授したいと思います。

 

zoomに備わっている便利な機能って

意外と、皆さん知らないみたいです。

 

知っているかいないかで、

あなたのビジネスの加速度が違ってきます。

 

今の時代に最も合ったzoomセミナーを

活用した集客にはマーケティングに

欠かせない要素が詰まっています。

 

今回の記事を参考に、

まずはzoomを触ってみましょう。

 

あまりの簡単さに驚かれるとともに、

具体的なセミナー内容を頭に描くことが

できるのではないでしょうか?


森川くみこ森川くみこ

zoomのおすすめ機能を使いこなすことで、自然と見込み客とのコミュニケーションができて、信頼関係が構築することができたら…こんな楽な集客はないはずです。過去にオンラインセミナーをやったことがない人も必見です!

 

zoomの使い方をマスターする前に!zoomを使うメリットを知っておこう!

 

zoomは元々スマホやパソコン上で

会議や打ち合わせなどができるように

開発されたツールですが、

 

なぜ最近オンラインセミナーをするのに

選ばれるようになったのでしょうか?

 

まずは、zoomの特徴から説明していきます。

 

zoomの一番のメリットは

「登録不要」だということです。

 

スカイプのように、いちいち登録して

IDやアカウントを取得しなくても、

気軽にzoomに参加出来るのです。

 

アプリで利用ができるのでネット環境があれば、長時間のセッションやセミナーが可能

 

アプリで利用できるのはLINEと同じ感覚

だということです。

 

ネットに繋がってさえいれば、

長時間であっても対面のように

セッションやセミナーを開くことができます。

 

また対面と違って、場所を問わないので

全国から参加してもらうことができます。

 

この手軽さもセミナーに使われる理由です。

 

画面共有できるので参加者に説明がしやすい

 

zoomがセミナーに向いているのは、

画面共有機能を使って参加者に

説明しやすい点です。

 

対面セミナーで資料をプロジェクターで

映して説明するのと同じようなことが

できるので、参加者も理解がしやすく、

 

アイデアや意見を出しあって

議論するような使い方もできます。

 

レコーディングできるので後から見ることができる

 

レコーディングは、zoomセミナーの

内容を録画する機能のことです。

 

セミナーに参加した後も復習して

もらえたり、気になっていたところを

再視聴してもらうことができるので、

 

商品提案する際にも納得して

買っていただけます。

 

参加者の不安や悩みは早い段階で解消

すべきなので、セミナーをする時には、

毎回レコーディングしましょう。

 

逆にデメリット

 

いくらzoomが便利だといっても

メリットばかりではありません。

 

しっかりデメリットも理解したうえで、

オンラインセミナーに活用されてください。

 

無料版はミーティングの途中で閉鎖される

 

無料版では、3人以上の

グループミーティングをすると

40分の制限があるので途中で

セミナーが閉鎖されてしまいます。

 

有料のプロプランでは、

このミーティング時間が無制限になります。

 

zoomセミナーをするには

40分制限が付いていては、

セミナーの流れが妨げられてしまいます。

 

月額2,000円程度の料金で、

これから紹介するような便利な機能が

使えるのだったら安いものですね。

 

zoomを知らない人、使ったことがない人がまだまだ多い

 

まだ一般的にはzoomを知らない人が多く、

zoomは使ったことがないけれど、

スカイプならあるという人が多いようです。

 

 

体感として、認知度はスカイプに

負けているzoomですが、

オンラインセミナーとして使えば、

その魅力は誰もが納得するでしょう

 

使い方もさほど難しくはありません。

 

多機能で解説が少なく、使いこなせる人がそこまでいない

「zoomは機能が多すぎて使い方が

 わからない」

「解説が少ないので使いこなせない」

という人が多いようです。

 

zoomを使いこなせるか?

 

これは、これからの時代で一番効率的な

集客方法を取り入れるのか?

ということにもつながる大事なことです。

 

使い方を知らないっていうだけで、

チャンスを逃してしまって良いのでしょうか?

 

あの時、zoomを使っていればよかった…

 

と後悔しないためにも、

この記事きっかけにして、

ぜひ使い方を覚えてください。

 

zoomは、パソコン版とスマホ版があるけど、どちらを使う方がよいのか?

 

パソコン版とスマホ版、

どちらもzoomは使えるのですが、

おすすめするのは次の通りです。

 

参加者→スマホで気軽に参加OK

登録不要で気軽に参加してもらいやすいので、参加者の立場で言えば、スマホがおすすめです!

主催者(ホスト)→パソコンからがおススメ

パワポの資料やインターネットブラウザなどの画面を共有できることが理由の1つ目。2つ目の理由は、レコーディングもできるからです。

 

すでに説明したレコーディング機能は

無料版の場合、パソコンにしか

ダウンロードできません。

(プロ版ではクラウドレコーディングが可能)

 

これだけでは知っておこう!zoomの基本的な使い方

 

ここからは具体的な機能の説明

に進んでいきます。

 

どの内容も基本的なことなので、

しっかり頭に入れてzoomセミナーの

準備に取り掛かりましょう。

 

スケジューリング

 

zoomのホームページにログイン

した状態から、画面左の

マイミーティングを選択し、

新しいミーティングをスケジュールする

をクリック。

 

ミーティング名や説明、開催日時、

所要時間など必要事項を設定

していきましょう。

 

全ての設定が終わったら、

保存をクリックすると、

会議のIDと参加者用のURLが表示されます。

 

この2つの情報がzoomセミナーに

参加するために必要です。

 

セミナー案内を参加者に伝える時は

わかりやすく説明してあげましょう。

 

すぐに開催する方法

 

スケジュールで開催設定せずに、

今すぐセッションやセミナーを

開催する場合は、zoomアプリを開き、

新規ミーティングをクリックします。

 

その後、出てくるメニュー表示から

コンピューターオーディオに参加する

をクリックすれば、

zoomミーティング画面が現れます。

 

招待リンクを発行する

 

zoomミーティング画面下のメニュー

の中から招待をクリック

→招待を送信するメールサービスを

選んで招待リンクを案内する。

 

または、URLのコピーをクリックして、

個別にURLを参加される方宛ての

メッセージに貼り付けて案内します。

 

画面共有をする方法

ホスト(主催者)のパソコンの画面を

共有することで、参加者に資料を

見せながら説明することができます。

 

画面共有機能の使い方は、

zoomミーティング画面下メニューの

真中辺りにある「画面の共有

をクリックして、共有したい画面

を選ぶと完了です。

 

チャットとミュートとカメラは見ればわかる

 

zoomミーティング画面下メニュー

を見ると、以下のように各機能の

今の状態がわかります。

チャット

「チャット」アイコンをクリックするとチャット画面が開かれ、再びアイコンをクリックするとチャット画面は閉じます。

ミュート

アイコンの初期状態「ミュート」では、自分の音声が出ている状態です。

クリックすると、「ミュート解除」に表示が変わり、自分の音声はミュートされている状態になります。

カメラ

アイコンの初期状態「ビデオの停止」では、カメラ機能がオンの状態です。

クリックすると、「ビデオの開始」に表示が変わり、カメラ機能はオフの状態になります。

 

森川くみこ森川くみこ

zoomの基本的な使い方がこれでわかったと思います。では、ここからは細かい設定などをご紹介しますね。ネット上では出てない情報もあるので、読んで活用してみてくださいね♡


かゆいところに手が届く!目から鱗の使い方

ここからは、zoomの機能の中でも特に、

かゆいところに手が届くくらい嬉しい!

目から鱗の使い方をご紹介していきます。

 

ネット上で、あまり紹介されていない

ような使い方も含まれていますので、

活用してみる価値アリですよ!

 

カメラを購入して画質や解像度をアップしよう

 

zoomに使うカメラはパソコンに

搭載されていると思いますが、

 

画質や解像度が低い場合が多いので、

カメラを購入してセミナーの見た目の

クオリティを高めましょう。

 

MACのカメラは比較的鮮明度は

高いのですが、Windowsを使っている方は

マイク付属のカメラを購入される

ことをおすすめします。

リコーのカメラなどはおススメ)

 

zoom中のおススメの使い方!ミュート横のオーディオ設定がポイント

 

zoomミーティング画面下メニューの

ミュート右横のメニューから一番下の

オーディオ設定を選択してください。

 

【一般】

画面共有時やミーティング開始、

終了時の動作などの設定ができます。

【ビデオ】

カメラやビデオの設定ができます。

【オーディオ】

スピーカーとマイクのテストや

マイク調整などができます。

【チャット】

チャットの設定や未読メッセージの

取り扱い、プッシュ通知の設定ができます。

 

【バーチャル背景】

ミーティング中の背景を設定できます。

 

【レコーディング】

レコーディングの保存場所などを

設定します。

 

【フィードバック】

参加者がミーティングの最後に

zoomにフィードバックを提供できる

ようにしたり、

 

親指アップ(OK)/ダウン(NG)

の調査結果を表示させることができます。

 

フィードバックの設定場所は、

オーディオ設定から高度な機能

を選択すると、

 

zoomサインイン画面が表示され、

ミーティングに関する様々な設定

行うことができます。

(「zoomサインイン→

ミーティングスケジュール

→個人→設定」の画面にジャンプ)

 

フィードバック

ミーティングにて(基本)

のメニューの中にある機能です。

 

<メニュー項目>

  • ミーティングをスケジュールする
  • ミーティングにて(基本)
  • ミーティングにて(詳細)
  • メール通知
  • その他

 

【統計情報】

PCのCPUとメモリにおけるzoomの

使用領域のボリュームを表示します。

 

【接近性】

字幕やキーボードショートカット

設定ができます。

 

zoomを使う前のお勧めな設定方法と使い方

 

 

「zoomサインイン→

ミーティングスケジュール→個人→設定」

 

の手順で表示される【ミーティング】では、

かなり多くのミーティング

に関する設定ができます!

 

  • ミーティング開始時のホストと参加者のビデオ設定
  • ホスト前の参加許可
  • 参加時のパスワードの要否
  • 参加者を自動的にミュート設定
  • チャットの自動保存
  • 注釈やホワイトボードの設定
  • ブレイクアウトルームの設定(ワークショップ、グループ討論用)
  • 字幕の設定
  • 待機室の設定

 

まとめ:zoomの使い方は常に進化している

 

以前はさほど多くの機能

はありませんでしたが、

どんどんセミナーとして活用するために

便利な機能が追加されてきています。

 

例えば、2019年4月に追加された機能

として、以下のよなものがあります。

 

 

ミーティング/ウェビナー中の録画の通知機能

 

ホスト(参加者)が

レコーディング開始する際に、

参加者にポップアップ通知されるように

なりました。

 

この機能により

レコーディングされたくない人は退出

することができます。

 

画面共有中に資料にコメントを書いている人を識別する

 

以前は、

誰がコメント(注釈)を書いているのか

分からなかったのですが、

このアップデートで

誰がコメントを書いているのか

分かるようになったので、

参加者とのコミュニケーションを

取りやすくなりました。

 

ホスト(主催者)が参加者の名前を変更できる

 

ホスト(主催者)は、

参加者が誰だかわからない名前を

使っている際に識別するため、

参加者の名前を変更できるようになりました。

 

 

このように、zoomの使い方は

常に進化しています。

 

セミナー開催に使えそうな機能

はどんどん活用して、

参加者との距離を縮めて

信頼関係を構築していきましょう。

 

森川くみこ森川くみこ

セミナーに参加してくれたお客さんがあなたを信頼して、勧めてくれる商品を購入したいというゴールに向けて、zoomの昨日をフル活用して万全の準備をしておきたいですね。ぜひ最高のマーケティングツールとしてzoomを活用していきましょう!